説明できる?"ヨガ"と"禅"と"仏教"の違いとその関係
3分でわかるざーっくり哲学

この記事は仏教・禅・自然の考え方を取り入れたヨガである『Philosophy of FiveElements Yoga®|5エレメンツヨガ』の創始者である山本俊朗先生に監修いただいたものです。

ヨガ“、”“、”仏教“のこの3つのキーワードに関して、なんとなく同じような気もするけれど、なんとなく違う気もする。でもその関係性をハッキリと説明できない!ヨガをしている方の多くがそんな状況ではないでしょうか?

そこで詳細を調べたところ、あまりにややこしく難しかったので、深いところには触れず、ごく簡単にまとめてみました。

最も歴史が古く全ての原点となったのがヨガ

説明できる?"ヨガ"と"禅"と"仏教"の違いとその関係
ヨガの起源がインドであることは周知のこと。その歴史は古く、明確な起源は定かではないものの、「原始ヨーガ」は紀元前2500年-1800年のインダス文明頃と言われるほど。この頃のヨガを宗教と説いているものもあります。

お釈迦様もヨギー?!

仏教の開祖であるお釈迦様、ガウタマ・シッダールタもヨガの瞑想で悟りを開いたと言われており、お釈迦様が生前に語ったものを弟子が記した『ダンマパダ』(法句経)にもヨガに関する記述があります。つまり仏教を説いたお釈迦様自身もヨギーだったと言えます。

“禅”は、仏教の宗派の1つ

“禅”とは”瞑想”の意味を持ち、その語源は、古代インド語の「ディアーナ」という言葉です。「ディアーナ」が中国に伝わり、中国語の「禅那(ぜんな)」になりました。禅の瞑想の方法は、ガウタマ・シッダールタから、その弟子の摩訶迦葉(マハーカシャップ)へと伝わりました。
 
 

ヨガが栄えたインドと禅が栄えた中国の国民性の違い

その後、摩訶迦葉が受け継いだ1,000年ほど後、紀元後500年頃ボディー・ダルマ(達磨大師)がディアン(禅、瞑想)を中国に伝えました。ダルマによって伝えられた禅は中国で栄え、後に日本にも伝わりました。

余談ですが、日本では掛け算は九九までですが、インド人は2桁まで学ぶ、という話を聞いたことありませんか?インドでは、数学や論理学が発展していますが、それはギリギリのところまで言語で論理的に説明しようとする国民性があったからかもしれません。

対する中国の人々は言葉を尽くして説明しようとするよりも、順を追って説明する思考や論理にとらわれない発想で思想を伝えていく国民性でした。そのため、中国には「禅問答」という言葉があります。これは、自分の殻を破る教えであり仏の教えを文字と頭ではなく心で悟ることを重視した考え方です。
 
 

仏教の考え方に影響を受けヨーガ・スートラが誕生

説明できる?"ヨガ"と"禅"と"仏教"の違いとその関係
その後、2〜4世紀の「古典ヨガ」と呼ばれる時代に入ってくると、ヨガはインドで上流階級であったバラモンたちの正統学派の6つある哲学(六派哲学)の内の1として扱われ、「ヨーガ・スートラ」が編纂されました。このヨーガ・スートラは仏教の影響を受けていると言われています。

今、私達が感じている仏教やヨガは、歴史の中で相互に影響をし合って今の形になりました。歴史の中で相互に入り組んできた関係ですが、ヨガと仏教、この2つが目的とするところは、瞑想を行い「心を落ち着かせること、穏やかにすること」です。では違いは何なのでしょうか?
 
 

ゴールは同じ!仏教とヨガの違いは「信じるか?」「考えるか?」

説明できる?"ヨガ"と"禅"と"仏教"の違いとその関係
そもそも仏教は宗教です。ではヨガは宗教なのでしょうか? その視点で考える時、前述したとおり、ヨガは「六派哲学」の1つとして扱われてきた経緯があるため、宗教よりも哲学だと考えることができます。また、多くの宗教には神様が存在する点を考えても、ヨガには特定の神を崇める習慣はありません。

宗教を複数信仰している方はいない(いたとしても少ない)かと思いますが、一方でヨガは信仰する宗教に問わず全ての人に楽しまれています。ヒンドゥー教、仏教、イスラム教、キリスト教と信仰する宗教を問わず、また無宗教の方でもヨガをおり、ヨガをする上で宗教が問われることは無いように思います。それはヨガが宗教ではなく哲学であることを証明しています。
 
相互に影響し合ったヨガと仏教だからこそ、双方を学ぶことでより学びを深めることができます。そして、仏教が根付いた私たち日本人にとっては、仏教や禅を知ることはヨガをより理解し楽しむのに役立ってくれるのではないでしょうか?
 
 
仏教・禅の考え方をヨガに 

Philosophy of FiveElements Yoga® |創設者 山本俊朗によるワークショップ禅・仏教・自然の考え方を取り入れたヨガを学びたいかたへ
創設者 山本俊朗による『Philosophy of FiveElements Yoga®』
集中講座&体験ワークショップを開催!!

五大元素は「空・風・火・水・地」の自然界の5つの要素から成り立ち、自然の法則から学び気づきを得ることを重要視しています。ここで語られる言葉は、誰かが作り上げたものではなく、自然界や日本古来から伝わる伝統によって教え伝えられてきたものであるため、日本人としての私たちの心に深く届く哲学やメッセージとなっています。
山本俊朗先生のプロフィールと講座の詳細はコチラ⇒⇒


  • このエントリーをはてなブックマークに追加