VAIRAGYA1ヨガ哲学”ヴァイラーギャ(執着心)”とエコライフ

ヨガ哲学で「ヴァイラーギャ」という言葉があります。
日本語では、「離欲」「無執着」と訳され、執着心に捕われない、
欲から離れた心のススメを意味している言葉です。

今日は気づかないうちに持ってしまっている
執着心」に関するオススメの映画を見つけたので、
ご紹介したいと思います。

まず、執着することがなぜダメなの?

gelous
例えば、
ヨガをする時に人と比べてしまう人は
「人に勝ちたい」という欲から離れることができていません。

その場合、常に意識は人に向いているため、
せっかくヨガをしているにも関わらず、
自分と向き合うことができず、集中力も欠けてしまっています。

これはヨガのクラスではなく、日常生活に置き換えて考えることもできます。
例えば、オシャレが好きな方。
可愛い服や新しい服が欲しくて、たくさん買ったけれど、
実際に日常的に着るのはその中の数着で、
着ないで眠っている服がたくさんある経験はありませんか?

無意識のうちに多くを欲しがり必要以上の物を抱えてしまうと、
結果的には、自分の部屋のスペースを無駄な物で溢れさせることにもなります。

では、どの程度のものを持つのが、暮らしにとってベストなのでしょう?

ヨガ的エコライフを考えるのにオススメの映画

そんな執着心と生活とを結びつけて考えるのにオススメなのがこの映画
365日のシンプルライフ」です。

この映画はフィンランド在住26歳の男性が、
自分が持っていたもの全てをトランクルームに預け、
持ち物を全てリセットするところからスタートします。

彼の生活のルールは下記の3つ

  • 1日に1つだけ、トランクルームから家に持ち帰ることができる
  • 1年間続ける
  • 1年間は何も買わない

1日目は、
空っぽの家からトランクルームまで裸の雪の中を走り、
コートを手にするところから始まります。
最初は、コートから始まり、靴やジーンズなど必要なものが明確に見えています

この映画の最も興味深いところは、
50日過ぎたあたりから、
主人公が「もう欲しくない」という気持ちを持ち始める所です。
この実験によって、生活だけでなく彼の気持ちが変化するところも見所です。

主人公が住むフィンランドでこの映画が上映された後、
同様の実験を行なう人や、買い物を控える人が続出したほどの話題の映画です。

自分の人生において、何が本当に必要なのか、余分なものを持ち過ぎていないか、
一旦見直してみるといいかもしれませんね。
mari_fukuda自身を深く見つめなおす時間を取りたい方へ
『アーユルヴェーダヨガ実践プログラム(5日間)』

自身を見つめ直し、整えるのに最適と言われる夜の7時〜9時を活用した5日間のプログラム。現代の複雑な考え方をシンプルにし、不調を開演する方法を世界的権威の叡智でじっくりと学びます。
講座の詳細はコチラ⇒⇒


窓辺で自然体の福田真理先生6ヶ月間で自分を整えたい方へへ
●●先生の名前●●による『アーユルヴェーダ×ヨガRYT200全米ヨガアライアンス認定講座』
第2期平日木曜コース、4月より開講

6ヶ月間を通して自分とヨガを深く知り、自身を整えることを最大の目的とした日本初の指導者養成講座。その経験が、必ず誰かを幸せにします。
講座の詳細はコチラ⇒⇒


  • このエントリーをはてなブックマークに追加