予約管理を簡単&便利に!不思議なクーベアと仲間たちー前編ー

みなさん、こんにちは!ヨガジェネレーションのしのぶんです。ヨガインストラクターの指導者養成講座を卒業後、自分でヨガクラスを主催し始めるのって、ドキドキしますよね。今回はそんな駆け出しインストラクターのちょっとした物語を、同じくヨガジェネレーションのざっくと共に6コマ漫画で、前編・後編の全2回でお届けします!可愛いキャラクターも登場するので、ぜひお楽しみくださいね☆

登場人物:駆け出しヨガインストラクター ハナ子
     ヨガに興味があるめんどくさがり屋 マイ子
     予約管理の助っ人ゆるキャラ クーベア

1ヶ月前にとあるスタジオでヨガインストラクターの指導者養成講座を卒業したハナ子。養成講座を受けていた数ヶ月の間にヨガの魅力に夢中になり、卒業後は多くの人にヨガを届けたい、いや届けよう!と決意していた。

晴れてヨガインストラクターに!

ハナ子:「でも、ヨガクラスってどうやって始めればいいの?教える場所はどうやって見つけるの?時間や曜日はどこがいいんだろう?予約はどうやって受け付ける?わたしインターネット苦手だけど、大丈夫かなぁ・・・?」

とりあえずインターネットでレンタルスペースを検索してみる。

ハナ子:「え!?なにこれ。。レンタルスペースって意外と高いんだ。。しかも良さそうなところは全部予約が埋まってる・・・」

なんとかスペースを予約し、友人に声をかけ、Faceb◯◯kでもイベントページを作ってみた。

初めてのことだらけで、分からないことだらけで、何とかクラス当日を迎えるが、ガランとしたスタジオに、ハナ子ひとり。誰も来ない。。。「このままでいいのだろうか」という積もり積もった不安と、理想と現実とのギャップに、思わず涙が溢れてしまった。

ガランとしたスタジオでハナ子が一人で泣いている

ハナ子:「わたし、ヨガインストラクターに向いてないのかな。わたしには魅力がないのかな」

もう辞めてしまおうか、きっとわたしには向いてないんだ。そう思いかけた時、

謎の声:「ストーーーーーーップ!!!」

誰もいないはずのレンタルスタジオで、いきなり声が!!一体、誰!!??

クーベア登場

クーベア:「何に困ってるの?大丈夫?僕でよかったら相談乗るよ」

ハナ子:「あ、ありがとう。なんかね、ヨガクラスを始めようとしたんだけど、なかなかうまくいかなくて、何をどうすればいいのか分からないの。。」

クーベア:「そっかぁ。でも、安心して!きちんとやり方や伝え方を磨けば、ちゃんとできるようになるから。僕が知ってること、全部教えてあげる!」

クーベアのアドバイス

こうしてハナ子は、不思議なゆるキャラ「クーベア」から「ヨガクラスの始め方」についてアドバイスをもらいながら、日々実行していった。

クーベア:
「レンタルスペースもいいけど、もっといい方法があるよ」
「チラシは分かりやすく作るといいよ」
「街でチラシ配りをするといいよ」

ある日、クーベアが言った。

クーベア:「予約システム、使うといいよ」

予約システムを勧めるクーベア

ハナ子:「え?予約システム?うーん、わたしインターネット苦手だし、使いこなせるか不安だし、使ったらどうなるのか、よくイメージできないやぁ」

クーベア:「この前スタジオで泣いてた時、クラスに1人も参加者が来なかったんだよね。どうしてそうなっちゃったか、今ならどう考える?」

ハナ子:「うーん、場所は駅チカだったし、値段だって安く設定してたし。。サイトやブログを作った方がいいっていうのは分かってたんだけど、なかなか重い腰が上がらなくて、結局まだ作ってないんだよね。。」

クーベア:「じゃあ、どうしたらいいと思う?」

ハナ子:「やっぱネットで簡単に予約できたり、ネットで支払いができたりしたら、もっとスムーズかなって思う」

クーベア:「でしょ?その問題を解決してくれるのが予約システムなんだ。自分のサイトやブログはもちろん作った方がいいんだけど、すぐに作れなくても予約システムさえあれば、ネットで予約受付ができるんだ。ハナ子も事務作業がラクになるし、予約する側も便利になる。しかも無料で導入できるから、特に駆け出しのインストラクターは使った方がいいんだよ」

ハナ子:「なるほどーーー!それは便利だね!!無料だし、早速登録してみよっと」

少しずつ軌道に乗り始める

こうして謎のゆるキャラ「クーベア」のアドバイスを受け、少しずつ行動していくハナ子。クラスを開催するスペースを見つけ、チラシを作り、予約システムを導入し、チラシ配り。少しずつクラスの参加者が増えていくが、最初から予約システムを導入していたため、予約受付や管理もスッキリ自動化していて、スムーズに対応できる。そのお陰で、毎回クラスの準備やヨガの勉強にきちんと時間を割くことができ、クラスの質が上がって参加者が増える、というポジティブなループがだんだん回り始めていた。

ハナ子:「そういえば、ここ数日、クーベア見てないなぁ。どこ行っちゃったんだろう」

ポジティブループが回り始めたとはいえ、やっぱりまだ近くにいてほしい。クーベアがどこに行ったのか、どこで何をしているのか、少し不安と寂しさを感じながらも、日々のインストラクターとしての活動に精を出すハナ子であった。

後編に続く〉

予約システムを無料で使ってみる

予約システムのクービック【無料!】ヨガクラス主催者必見!予約管理をスムーズにするオススメの方法
予約率140%アップ!?フリーインストラクターの強い味方!

クラスを主催しているヨガインストラクターの大きな味方になってくれる、無料で使える「予約管理システム」。煩雑な事務作業をスッキリ自動化させて、本当に大切な「ヨガの勉強」や「クラス準備」の時間を増やしませんか?
詳細はコチラ⇒⇒


  • このエントリーをはてなブックマークに追加