ヨガ講師(内田かつのり)が生徒のからだにふれて解剖学の説明している様子

ヨガインストラクターにとって解剖学とは?

ヨガ講師(内田かつのり)が骨模型に触れながら説明している様子
インストラクターが解剖学を学ぶのはなぜでしょう?ヨガにはアーサナや呼吸、瞑想など、様々な要素がありますが、中でもアーサナはエクササイズの一面もあり、実際にカラダを動かすもの。インストラクターはアーサナのアライメントを説明したり、生徒のカラダに触ってサポートしたりすることが多いため、当然、解剖学の知識は多少なりとも必要となります。しかしながら、「アジャスト」の中にどれほどの行為が含まれているのか、普段はあまり考えません。

男性の肩に手をかけている女性。アジャストしている風景
例えば、腰痛で悩んでいる生徒があなたのクラスに参加したと想定しましょう。その人は腰のどこが痛いのか、どんな痛みなのか、原因は何かなどを把握することが第一。場所や痛みの種類によっては早めに病院にいかなければならない場合もありますから、その辺りの線引きに解剖学は重要です。ヨガで手助けができる場合、どの関節をどう動かして、どの筋肉を使ってあげれば腰痛を和らげられるのかといったところまで、的確に指導するのが「アジャスト」。単に生徒のカラダに触って、ストレッチを深めるだけではないんですね。この「アジャスト」の奥深さを実現するカギが解剖学なのです。

解剖学で触れる、体験することの重要性

大勢でヨガをしている風景
ここで、一つ問題が。人のカラダは千差万別、個人差・個体差があり、同じ生徒でも日によってコンディションが変わります。解剖学のテキストの内容をひと通り頭に入れているだけでは、全てに対応するのは難しいですよね。そんな状況の打開策が体験の積み重ね。一人でも多くの人の骨や筋肉に触れること、その体験を知識に昇華させることが、現場でのとっさの判断に活きてきます。

この「触れる」「体験する」を何よりも重要視した講座が、現在、注目を集めています。それが内田かつのり先生のヨガ解剖学

内田解剖学はグループワークで触れる、体験するを繰り返す

ヨガのクラスでグループワークしている様子
内田先生の講座ではめまぐるしいほどにメンバーを入れ替えて、グループワークを繰り返します。腰痛の多くの原因が集中している骨盤周りも、グループの一人がうつ伏せになった状態で、位置や形を触って確認。講座ではナゾの呪文(解剖学用語)「ザコツケッセツ(座骨結節)」「ジョウゼンチョウコツキョク(上前腸骨棘)」「ジョウゴチョウコツキョク(上後腸骨棘)」「チョウコツリョウ(腸骨稜)」などがたくさん出てきますが、心配しなくて大丈夫。「あなたの座骨結節はココ!」「○○さんと比べると△△さんの上後腸骨棘はちょっと左右に広がってる感じ?」と、仲間のお尻で実際に確かめ、それを周りの人に説明しているうちにいつのまにか覚えてしまっているんです。

逆に触れられることによる「気づき」もたくさんあります。自分のカラダのことだから、皆さんどこに何があるのかはだいたいわかっているつもりでしょう。でも、正確な位置となると話は別。他人に触られて初めて、「私の骨盤って思ってたより高いところにあるんだ〜」「そこに手を置いてストレッチに負荷をかけると、伸びてる感が確かに違う!」といった、自分一人では思い至らない体験が得られるはずです。

「一を聞いて十を知る」体験で応用力を身につける

ヨガのクラスの風景
講座では多くの呪文を体験的に身につけていきますが、正確に呪文を覚えることはさほど重要ではありません。優先すべきは、呪文をかみ砕いて生徒にわかりやすく伝え、数あるアーサナの中から最適なポーズで筋肉により効かせるという魔法をかけること。

先述のようにカラダには個人差・個体差があり、アーサナも何百、何千もの種類が存在します。でも、基本的な骨や筋肉の構造、役割、使い方を体験していれば、しめたもの。講座で習わなかった骨・筋肉でも、身をもって知ったことと照らし合わせて、自ずと理解できるようになるんです。

内田先生が講義中によくおっしゃるのは「もしテキストをなくしても困らないと言える人になってほしい」。体験を通し、一を聞いて十を知る、そんな応用力が身につけられるなら、インストラクターとして心強いことはありませんね!

アナトミック・アジャストメント(2日間集中講座)
内田かつのり先生による『アナトミック・アジャストメント(2日間集中講座)』
全国にて随時開催中!

『骨・筋肉』、『怪我をしない・させない』に次ぐ、ヨガ解剖学の理論を活用した、内田かつのり流アジャストメントの極意!体の構造を理解することで、どうしたいのか、どこに触れるべきなのかがわかる!「感覚」ではなく「理論」に基づいたアジャストメントで自信がつくこと間違いなし!
講座の詳細はコチラ⇒⇒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加