ハートに聴診器

5人に1人がメンタルヘルスの悩みを抱えている

 
メンタルヘルスとは簡単にいうと”心の元気”のことですが、ヨガジェネレーションで「メンタルヘルスのためのヨガワークショップ」を担当しているマリア・カースティン先生によると「今は5人に1人が日常生活に支障をきたす程のメンタルヘルスの悩みを抱えている」そうです。
 
メンタルヘルスの悩み、つまり“心の病気”の代表的なものとしてうつ病がありますが皆さんのご家族やご友人、会社の同僚や知人でも患ったことのある方は数名、あるいはそれ以上いらっしゃるのではないでしょうか。
 
 

ヨガはうつ病やトラウマ、不安障害に効果抜群

落ち込む女性 stressed woman shutterstock_593377196のコピー
 
「あまり積極的には議論されませんがヨガはあらゆる心の病気にとても効果的。誰でも簡単にできる、手軽な手法やツールが実に沢山あるのでこの事実をもっと多くの人に知ってもらいたいと思っています」とマリア先生。
 
ヨガはうつ病やトラウマ、過呼吸症候群や摂食障害等、幅広い症状に有効です。メンタルヘルスが弱っている時や強いストレス下にある時は、例えば座位で息を吸いながら両腕を上げ、吐きながら両腕を下ろす、というような一人でも簡単に反復練習ができる簡単なポーズが効果的。自分のペースで状況をコントロールしながらできることが深い安心感につながります。

ただし、症状とポーズには相性があります。行うとかえって症状を悪化させてしまうこともあるため注意が必要です。
 

例)うつ病

効果的なこと
・リラックスした状態での横隔膜呼吸
・呼吸にフォーカスしたポーズ
・リラクゼーション法

避けるべきこと
・ペースが速い呼吸法
・力強く激しい、競争心を刺激するようなポーズ
・アライメントに固執するようなポーズの取り方
 
 

ポイントはヨガの呼吸法

 
ヨガの深い呼吸を実践することにより、私たちがリラックスしている時に優位となる自律神経のひとつ”副交感神経”が優位になることがわかっています。副交感神経が優位になると、下記の変化が起きるため、メンタルヘルスの改善が期待できます。
 
<副交感神経が優位になることで起きる体の変化>
・心拍数の低下
・血圧の低下
・よりスムーズな呼吸
・筋肉の弛緩
・消化の促進
・重要臓器への血流改善
 
 

手に入れるのは強く”しなやか”な精神

 
メンタルヘルスは私たちの人生において本当に大きなウェイトを占めています。だからこそヨガを通してどうしたら精神面の健康を保てるか?また、大変なことが起きてもそれにしなやかに対応できる力を育むことができるかに強い関心があります。そして、呼吸に重きを置いたヨガがいかにメンタルヘルスの支えになるかを伝えていきたいです。」とおっしゃるマリア先生。
 
彼女が繰り返す中で印象的なのは、「今何かの症状で苦しんでいる方にはもちろん、現在は特に問題がない人も予期せぬ出来事に対する備えとして、こうしたヨガの活用法を学び実践することが大切」ということです。
 
マリア先生が来日されるのは年に2回だけ。ご自分のために、あるいはヨガの生徒さんや大切な方のためにぜひ学びにいらっしゃいませんか?

ストレスに強くなりたい!というかたへ
マリア・カースティン先生による『メンタルヘルスのためのヨガワークショップ』
この秋は東京限定で開催!

心理学的観点からのストレスの仕組みの解説の他、心の元気を作る呼吸法や瞑想、やさしいヨガのポーズを楽しく行います。
講座の詳細はコチラ⇒⇒

この秋、初開催が決定!
マリア・カースティン先生による、今求められる『メンタルヘルスケア ヨガ指導者養成講座(3日間)』
2018年東京開催!

『メンタルヘルスのためのヨガワークショップ』の内容をさらに深く学び、心のケアを必要としている生徒にヨガを届けられる指導者に。クラスの開催におけるリスク管理など実践的な内容が満載です。
講座の詳細はコチラ⇒⇒


  • このエントリーをはてなブックマークに追加