quality of life uchidaQOLという言葉をご存知でしょうか?
クオリティ・オブ・ライフ(英: quality of life、以下QOL)の略称で、生活の質や幸福感を重要とする概念です。この記事をご覧頂いている多くの皆さんが行っている、生活の中にヨガを取り入れることや、生徒さんにヨガを伝えることは、意識・無意識問わずQOLと大きな関係があると思います。生活をより豊かに過ごすことを重視したQOLについて調べてみました。
 

医療・福祉の現場で使われている”QOL”の概念は一般化されています

quality of life uchida

クオリティ・オブ・ライフ(英: quality of life、QOL)とは、一般に、ひとりひとりの人生の内容の質や社会的にみた生活の質のことを指し、つまりある人がどれだけ人間らしい生活や自分らしい生活を送り、人生に幸福を見出しているか、ということを尺度としてとらえる概念である。
ウィキペディアより

“QOL”の概念は医療の歴史の中で生まれました。延命治療や闘病生活、長い入院生活の中で病気や怪我は改善に向かう反面、治療に耐える患者さんの心や生活がおざなりなっている状況に目をむけ、ケアする必要性が重視され始めました。
 
ただただ呼吸をしているだけ、心臓が動いているだけという「生きる」ではなく、理想の生活や精神的な幸福感を重視し、日々を前向きに「生きる」ことに手を差し伸べる概念がQOLです。「QOLが低下している」「QOLを維持する、向上させる」というように使われます。
 
QOLへの注目は高まっており、医療の垣根を越えて、医療者でなくても耳にするくらい浸透してきました。

 

日々の生活に取り入れよう!幸福度を重視したQOLの概念

 
quality of life uchida
QOLで検索すると、闘病生活や高齢社会への取り組みが沢山でてきます。医療発祥の言葉ですが、ペットや働きすぎのビジネスマンにもQOLの概念は幅広く使われ始めています。
 
「今、自分は幸せだろうか」と自らに問いかけ、幸せに生きるための工夫や努力を重ね、気づきを感じて前向きに取り組めるといいですよね。手を差し伸べるのは何も医療者や介護者だけではありません。概念さえ共感できれば、自分自身を見直すいい機会になるかと思います。
 

日々の生活のできる・できないの尺度ADL

QOLと並んで福祉・介護の分野ではADLという言葉が使われています。QOLが精神的な尺度で使われているのに対し、ADLは「できること、できないこと」の身体能力の尺度で使われます。

日常生活動作(にちじょうせいかつどうさ)、ADL(英: activities of daily living、以下ADL)とは、食事・更衣・移動・排泄・整容・入浴など生活を営む上で不可欠な基本的行動を指す。身心の健康、良好な人間関係、やりがいのある仕事、快適な住環境、十分な教育、レクリエーション活動、レジャーなど様々な観点から計られる。
ウィキペディアより

 
 

高齢社会におけるQOLの障害

quality of life uchida
この記事をみて「私は関係ないかな?」と思う人もいるかもしれません。今はいいですが、誰でも歳をとりますよね。高齢社会におけるQOL向上は人ごとではないのです。
 
歳を重ねることにより、ADLの自立が困難になり始めるでしょう。当たり前にできていたことが、できなくなっていく自分と対峙することで、心がふさぎこんでしまい外出を控える傾向になるといいます。デイケアサービスや趣味仲間で集まるコミュニティに参加するとよいですが、それでもまた人と比べてしまうことで落ち込み、孤独を選んでしまうことが少なくないようです。
 
高齢者の孤独死が問題となっていますが、外出をしない、人と会わない環境を選んでしまう精神的な原因も考えられます。
 
そうしたADLとQOLに有効とされているのがシニアヨガです。人と比べない、ありのままを受け入れる心構え、現状に光を見出していく前向きな姿勢、心を穏やかに過ごすなど、精神的な健康や安定はヨガならではの魅力ですよね。QOLの低下を防ぎ向上を図れます。ストレスのない中でからだを動かし、仲間同士で笑って話し合える場があれば、ADLの維持、あるいは向上をも促進し、良い影響を与えます。
 

解剖学的シニアヨガでQOL・ADL向上のお手伝い

quality of life uchida
鍼灸師でありヨガ解剖学講師でもある内田かつのり先生が講座中にこんなお話をされていました。
 

同じ60歳でも、運動能力が高い人もいれば、杖がないと歩くのが辛い人もいるよね。若い皆さんよりも元気なおじ様っているでしょ笑。「シニア=負荷を軽くする」という考えではなく、生徒の皆さんそれぞれの状態を見極めた上で、適切な負荷を提供できたほうがいい。

 
そして、解剖学に精通する内田先生ならではのアドバイスが続きました。
 

例えば「もう肩があがらないのよ~」というお母さん。両腕を上げてばんざいをしてみた時にどれくらいまで上がれば正常なのか見当がつくかな?お医者さんと同じ治療はできなくても、健康な状態を正しく見極めることができたら、医療に少し踏み込んだヨガを提供できます。ヨガは万能ではないけれど、医療のエリアに届かせることができます。

 

2017年の新企画、ヨガ解剖学を駆使したシニアヨガ始動!!

ヨガは心身ともに良い影響があるのでQOLにはまさにうってつけだと思います。そこにADL向上や維持するための適切な見極めができるなら、生徒さんそれぞれにあわせた負荷を提供しながら、目的を共に持つことで継続的に寄り添えるヨガのクラスが提供できます。
 
そのクラスを可能にするヨガ解剖学的シニアヨガを2017年6月に開講予定!
 
講師はもちろん、鍼灸師でありヨガ解剖学講師でもある、内田かつのり先生。ヨガができること・できないことを誰よりも真剣に考え、伝え続けてきたからこそ、ヨガと医療の線引きをしっかりと分けたシニアヨガを提供できます。その上で少し医療に踏み込んだシニアヨガとはどんなものか、適切な負荷を提供するために、正しく見極めるスキルを学んで頂けます。
 
負荷を軽くするだけのヨガスタイルではなく、オーダーメイドでアサナの提供ができるまったく新しいシニアヨガ、期待していてくださいね!

シニアヨガ指導者養成講座内田かつのり先生によるシニアヨガ指導者養成講座
東京・大阪にて開催決定!


たった”5秒”の自宅トレーニングをシニアに!秘密は”モーターユニット”にあり!ヨガ解剖学の理論を集結させた、あなたの人生に必ず役立つ高齢者のための運動療法。
講座の詳細はコチラ⇒⇒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加