athlete-top

最近、アスリート達が続々とヨガをはじめている!?

近年、ヨガや瞑想はさまざまな効果が実証されて、ビジネス界・医療の現場・学校など、さまざまな分野で取り入れられています。書店に行くとさまざまな業界での効果が謳われている本が販売されているのを目にした事がある方も多いのではないでしょうか?

スポーツ界でも、怪我を防ぐことができる、的確な判断ができるようになるなどの効果から、取り入れているところが増えています。

日本では有名なヨガの講師であり、サーフィンもプロ並みのスキルを持つ人が多いので、”ヨガ × サーフィン”というイメージを持つ方も多いと思います。サーフィンだけにとどまらず、さまざまなスポーツ分野で取り入れられているヨガ。

イチロー選手・長友選手…ヨガを取り入れている一流アスリート達

athlete01
さまざまな有名アスリートがヨガを練習に取り入れています。

  • イチロー(野球選手)
  • 長友佑都(サッカー選手)
  • 錦織圭(テニス選手)
  • ジェリー・ロペス(プロサーファー)
  • 高橋聡文(野球選手)
  • ライアン・ジョゼフ・ギグス(サッカー)

2014年、サッカーのワールドカップでドイツが優勝したのは、”ヨガを練習に取り入れたこと”も大きかったようです。またヨガ先進国と言われるアメリカのメジャーリーガーではヨガを練習に取り入れていない人の方が少ないとも言われています。

イタリアの名門サッカーチーム:インテル・ミラノで活躍している長友佑都選手は、「ヨガ友」という本を出版して、話題になりました。これは記憶に新しいのではないでしょうか?

ヨガをすると、どんな効果があるのか?

athlete03
このように有名アスリートが続々とヨガを練習に取り入れる訳。それは何なのでしょうか?日本に本場インドのヨガを伝えるクリシュナ・グルジ先生にヨガがどうしてアスリートの効果的なのか、伺ってみました。

  • 運動能力を高める
  • 持続力を高める
  • バランス感覚が高まる
  • 怪我の防止
  • 回復力を高める
  • 集中力を高める

などの効果が期待できるとおしゃっています。グルジ先生は肉体的にはもちろんのこと、精神的な平静を保ち、集中力を持続させるためにもスポーツにヨガは有効だとおっしゃいます。精神的な効果が期待できるからこそ、ヨガを練習に取り入れるアスリートが増えているようです。

スポーツ×ヨガ、今後の可能性について

atheletelast
”ヨガ”と一言で言っても、アーサナ(ポーズ)をとること・呼吸・瞑想などその範囲は膨大です。そして、スポーツをする上でそれらの効果も様々。怪我をしにくい肉体を作る・試合に入り込むために集中力を上げる・呼吸で緊張を和らげるなど。

トップアスリートとなると、肉体においての差はないに等しいと言われています。勝敗を分けるのは精神力とも言われています。精神力にまでに影響を及ぼすヨガだからこそ、多くのアスリートに取り入れられているようですね。

今後、スポーツ界において、ますますヨガが取り入れられることは間違いないようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加