suibun1
冬になると、気になる乾燥。大気が乾燥すると、風邪やインフルエンザなどのウィルスが活性化します。予防対策として、マスクをすることのほかに、水をこまめに飲むことも大切と言われています。水を飲むことだけで肌の乾燥も予防できるのでしょうか?

身体の中の水分が占める割合ってどれくらい?

suibun2身体の中の水分って、どれくらいかご存知ですか?産まれたての赤ちゃんは約80%ですが、年齢と共に下がり、高齢者になると50%をきることもあるそうです。

発汗は含まず、私たちが感じることなく皮膚などから蒸散する目に見えない水分のことを「不感蒸泄(ふかんじょうせつ)」といい、人は安静にしていても自分で感じていなくても、健康な方で1日平均900mlほどの水分が失われているのです。ボーっとしてても、ペットボトル500ml、約2本分!ということは、毎日何本飲めばいいの!?と思いますよね。

水分を増やす方法は筋肉にあり

suibun41日に水を1000~1500mlを飲むことも大切ですが、人の身体は30分間に200mlの水分しか吸収できないそうです。飲む以外に、身体の中の水分を増やす方法は筋肉量を増やすことです。

身体の脂肪は水分を10~30%程度しか含めないのに対して、筋肉には水分が75~80%ほど含むことができるそうです。運動をして筋肉量を増やせば、身体の中の水分を増やすことができて、健康にもなりますよね!ヨガのクラスでよくする呼吸法、深く鼻呼吸をするだけでも、お腹周りの筋肉を鍛え脂肪燃焼につながりますよ!

肌の乾燥はどうしたらいい?

suibun3身体の水分といえば、女性にとって一番気になるのは”顔の乾燥”ですよね。エステに行ったり、化粧品を変えたり、保湿クリームを塗ったり、日々、肌の乾燥対策に頭を悩ましていることも多いはず。筋肉で水分が増えるのであれば、顔の筋肉も鍛えたらいい?顔の筋肉なんて鍛えられないと思っていませんか?

顔の筋肉は、狭い範囲の中に約60種類の表情筋があり、小さな筋肉のため、動かせば動かすほど、早く簡単に鍛えられます!そのため、肌の新陳代謝も促され、血行が良くなり、乾燥肌は解消されるのです!

表情筋の効果的な鍛え方

表情筋トレーニングとしてTV雑誌で話題の「顔ヨガ」。人気の理由は、大学院医学部教授やスポーツトレーニングの専門家から監修を受け、ただの美顔マッサージの類ではなく、身体の筋肉と顔の筋肉の違いや特性を正しく知ることによって顔の筋肉を鍛える方法として確立されているからです。ただ顔を動かすだけでは、逆効果!表情筋を正しく鍛えることにより、、小顔、若顔、シワもできにくくなるという嬉しい効果が待っています。

シワの中でも、気になるかたの多い「ほうれい線」サヨナラポーズを動画でご紹介♪



「表情筋」の正しいトレーニング、「顔ヨガ」を体験しよう!!

ws-top-kao-20161115-03顔ヨガを体験してみたい方へ
高津文美子式『フェイシャルヨガ』体験イベント!
東京、大阪にて開催!

2時間で劇的な変化を体験しよう!
講座の詳細はコチラ⇒⇒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加