クイズに答えて楽しく学ぶヨガ解剖学 正しいアジャストメントはどっち?

クイズの遊び方

全部正解できるかな?

正解だと思う画像をクリックすると、答えと各アジャストが上手にできるポイントが表示されます。
何回でもチャレンジできます!
みなさんも、ぜひ挑戦してください。

question1

アルダチャンドラアサナバランスがとれるアジャストはどっち?

難易度1

ルダチャンドラアサナのアジャストA
A

ルダチャンドラアサナのアジャストB
B

ココがポイント!

B.何がしたいのかよくわかりませんね。

このアジャストの目的は、上体を横向きに開かせ、ポーズを安定させることです。
軸脚側の股関節を外回しに促すことで、自然と身体は横向き、さらには天井方向へと開き始めます。
立ち位置と中心軸を意識させる手の位置ひとつで、後ろ向きに転倒する恐怖心から解放されます。ひとりでポーズをしていたときには感じられなかった心地よさが味わえます。
NGの方は、一見同じことをしているようですが、目的が何かがわかりません。

正解は:A

question2

ヴィラバドラアサナⅠ腸腰筋が伸びるのはどれ?

難易度1

セツバンダアサナA
A

セツバンダアサナB
B

セツバンダアサナB
C

ココがポイント!

A.股関節内旋
B.膝を持っている
C.膝を持っている

このアーサナの後脚は、腸腰筋をストレッチする狙いがあります。けれどその目的が不明確なままであると、骨盤は外を向いてしまい、身体への効果が得られません。太腿の骨を内巻きにし、骨盤を正面に向ける意識をアジャストで伝えたいところです。
ただし同じ太腿でも膝の位置で行えば怪我につながります。

正解は:A

question3

バッタコナアサナ股関節の外転、外旋、やりたいのはどっち?

難易度1

バッタコナアサナA
A

バッタコナアサナB
B

ココがポイント!

A.股関節外転?
B.股関節外旋

膝が高く上がってしまう原因となっている筋肉は太腿の内側の筋肉ではなく、ヒップの筋肉・大臀筋です。高い位置のままの膝を下に押し付けても効果は得られません。膝を触れることもNGです。大臀筋をストレッチさせるためのアジャストが必要です。太腿を外回しにすることではじめてアーサナが深まります。

正解は:B

question4

ダウンドッグ上半身がより伸びるのはどっち?

難易度2

ダウンドッグのアジャストA
A

ダウンドッグのアジャストB
B

ココがポイント!

A.腸骨稜ではない位置
B.腸骨稜を押している

両方とも骨盤に触れていますが、手を置く位置が違うことに気がつきましたか?
手が骨盤に引っかかる位置と、そうでない位置の違いです。
ほんの少しの違いですが、骨盤を手でしっかり支えらえられると、背骨がうんと伸びて、とても気持ちのよいアジャストになります。

正解は:B

question4

ダウンドッグお年寄りや身体の固い人にはむやみにアジャストをする必要なし!

お年寄りや身体の固い人
×

内田かつのり

ココがポイント!

肩が折れた四角いダウンドッグ。身体の固い人によくみられる形です。
この場合はアジャストをする必要はありません。
無理にすることで、かえって筋肉を傷めてしまう場合があります。
柔軟性がある人の単なるミスアライメントであれば、直してさしあげましょう。

正しくアジャストメント出来ないと、生徒さんに怪我をさせかねません!
そこで・・・☆
内田かつのり 実践ヨガ解剖学講座| 『怪我をしない、させない』 2日間集中講座「怪我」や「身体」についてしっかり学びたいかたへ
内田かつのり先生による『実践ヨガ解剖学講座『怪我をしない、させない』 2日間集中講座』

この講座を受ける事によって、生徒さんに対し、安全で身体に“効く”指導ができるようになり、ご自分のプラクティスにおいても、身体への理解がさらに深まり、怪我を恐れずさらに安全で効果的な練習が行えるようになります!
講座の詳細はコチラ⇒⇒
question5-1

セツバンダアサナ後屈が深まり、胸が開くのはどっち?

難易度2

セツバンダアサナA
A

セツバンダアサナB
B

ココがポイント!

B.胸を開くアジャスト

一般的に「胸を開く」という表現。解剖学的に見たならば、ココ!という位置が決まってきます。

それが胸椎7番。生徒さんがポーズ中にその位置が瞬時に探せますか!NGのベルトの位置だと的外れのアジャストになってしまいます。

正解は:B

question5-2

セツバンダアサナ安全なのはどっち?

難易度2

セツバンダアサナA
A

セツバンダアサナB
B

ココがポイント!

A.股関節伸展
B.股関節伸展

股関節での後屈と、ウエストラインでの後屈の違いです。
ウエストラインでの後屈は、怪我を招く恐れもあり、適切なアジャストとは言えません。ただし、股関節というのは、手で触れることのできない身体の奥の方に存在します。目安となる、太腿の横のグリグリとした大きな骨を探せるようになりましょう!

正解は:A

question6

ツイスト安全なのはどっち?

難易度2

ツイストA
A

ツイストB
B

ココがポイント!

NGのアジャスト、よく見かけますが肩と腰の両方を同時に遠ざけることは避けるべきです。何故ならば、背骨には捻りが得意な部分とそうでない部分があるからです。その位置が明確でなければ危険なアジャストになります。
どちらか一方に手を添えて、生徒さん自身に、自重で快適な位置を探していただくのがベスト。

正解は:B

question7

ハンドスタンドより安心感を与えるアジャストはどっち?

難易度3

ハンドスタンドのアジャストA
A

ハンドスタンドのアジャストB
B

ココがポイント!

B.膝からしか降りられない

ポーズに入る際、片方の足首を支えることで自然ともう片方の脚が上がってきます。
ぜひこのアジャスト、覚えてみてください。
ただし、そのままキープをすると、万が一バランスを崩した際、脚を下ろすことができず、膝を床に落とすことになり大変危険です。
キープ時は左右の太ももの横の、グリグリとした大きな骨に持ち替えましょう。
しっかり挟み込むことで軸が感じやすくなり、ポーズの安定感が増します。

正解は:A

question8

ダウンドッグ首の詰まった感じがとれるのはどっち?

難易度3

ダウンドッグA
A

ダウンドッグB
B

ココがポイント!

どちらも上腕骨を外回しにしているアジャストですが、手を添える位置に違いがあります。
このアジャストの目的は、正しくは肩関節を外回しにすることです。
肩関節の位置を正しく理解することではじめて、首回りにゆとりが生まれます。
肩周りは関節面が浅く、動かしやすいですが、その分怪我もしやすい部分です。
適切な手の添え方、絶妙な力加減に自信が持てるようにしましょう!

正解は:A

ヒップのストレッチアジャストメントは十人十色

難易度3

ヒップのストレッチ

Aさんの場合(股関節の柔軟性高め)

ヒップのストレッチ Aさんの場合1
ヒップのストレッチ Aさんの場合2
ヒップのストレッチ Aさんの場合3

Bさんの場合(股関節の柔軟性はAさんより低い)

ヒップのストレッチ Bさんの場合1
ヒップのストレッチ Bさんの場合2
ヒップのストレッチ Bさんの場合3

内田かつのり

アジャストメントを
生かすも殺すもあなた次第!

AさんとBさんに同じポーズの入り方からヒップのストレッチを行ってもらいました。
ポーズに入った後、AさんとBさんのポーズの形に違いがでてきました。
もしも10人いたら、10通りの形になるはずです。つまりアジャストも10通り。
では10通りのパターンを学ばなければいけないのかというと、そうではありません。
このストレッチでは、どんな形になったとしても、まず
①前脚側の股関節屈曲②脊柱の伸展 のアライメントを確認しましょう。
そのアライメントを整えるために、必要に応じてプロップ類を使います。
プロップは身体が硬い人だけでなく、柔軟性がある人に用いれば、さらに伸び代が広がることだってあります。
効果的なポジションを整えた上で、筋繊維の方向アジャストができれば、たとえ100人でも1000人でも、応用が可能になりますよ!


講師紹介

contents_ws_and_etc_upload_face
Katsunori Uchida
内田かつのり

ヨガインストラクターであり、鍼灸師。漢方や整体術を実践し、“薬だけでは治らない病気も沢山ある”という現実を身を持って体験した事をきっかけに、アメリカの栄養学である分子矯正医学という栄養療法を深めながら、ファスティング、酵素栄養学、ゲルソン療法(コーヒーエネマ)、漢方や整体術などを実践。
更に、本当の健康とは何かを探している中で、ヨガに出会い、運動療法、精神療法というような代替医療としてヨガの可能性に魅せられて以来、ヨガそのものが暮らしの中に在るようになる。上海中医薬大学にて、推拿学・解剖学を学び、現在は、トリガーポイント療法という筋肉に重点を置いた鍼と、灸頭針という背中のこわばりは体内毒素の現れであるというスタイルの針、2つを軸にして治療を行っている。アヌサラヨガのマスターイマージョン、アヌサラ・インテンシヴコースⅠ・Ⅱ修了、UTLでのAMC/AMIC修了。

現在、都内ヨガスタジオにて、解剖学短期集中講座やティーチャートレーニングに携わり、インストラクター養成にも力を注いでいる。

座右の銘:陰極まれば陽になり、陽極まれば陰になる

【ヨガ解剖学アカデミー】 http://www.anatomy.jp/
【内田かつのりブログ:ヨガと鍼】 http://ameblo.jp/yogahari
【内田鍼灸院/Yoga Anatomy Lob.】http://www.yogahari.com/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加