睡眠TOP
毎朝、スッキリ起きれていますか?
昼間は、集中して仕事ができていますか?

毎日、寝不足だと身体はだるいし、仕事も集中できない。かといって、休日に多く睡眠をとったとしても、なぜか休み明けは、同じように身体がだるいと感じたりしませんか?
それは、睡眠の”質”に関係しています。
睡眠の質を上げると、身体の芯から回復できて、日中仕事にも集中でき、残業も減り、好きなことができる時間が増えるのです。
睡眠の質を上げて、日々を、いいサイクルへとシフトチェンジしましょう!

睡眠が必要な理由

睡眠1人間の体が睡眠を必要とする理由は、米国の研究によれば、起きている間に脳内でつくられた毒素(化学物質)を脳内から取り除き、頭の中をスッキリさせるためだそうです。この毒素を取り除く作業は、エネルギーを大量に使うため、起きた状態だと思考の妨げになるので就寝中におこなわれるそうです。

そして、この毒素が脳に溜まったままになると、アルツハイマー病など神経系の病気の原因になるそうです。

では、週末に寝溜めは効果あり?

たった数日でも睡眠不足が続くことで、日中の集中力に取り返しがつかないほどの影響を及ぼすことが、こちらも米国の研究で明らかになっています。
30人の被験者に平日の睡眠時間を削って週末にたっぷり眠ってもらい、それぞれの健康状態と日中のパフォーマンスレベルを分析したところ、週末の寝溜めによる日中の眠気ストレスは解消されたが、集中力の高さを測るテストの結果は全く改善されなかったことがわかったそうです。
毎日の充分な睡眠がやはり必要なのです。

女性は男性より睡眠が大切

睡眠3女性は、「同時に複数のことを考え行動をする」ことができます。特に子育てをしている女性は、自分のこと以外に、子供の食事、体調、掃除などいろいろなことを毎日考えなければいけません。そのため、男性よりも負担がかかり疲れが早くなります。

また、睡眠不足は肌荒れだけではなく、生理不順自律神経失調症などの影響も高くなってきます。
ストレスを減らし、十分に睡眠をとることで感覚年齢(気持ちの上での年齢)が若くなり、外見にも表れてきます。

眠りの質を高めるためにすること

  • 深い睡眠をとることができるように準備をすること
  •  半身浴したり、心地よい音楽を聴いたり、ストレッチしたり。スマートフォンはできるだけ避けて!

  • 就寝中に深い睡眠を邪魔しないように環境を整えておくこと
  •  寝室の環境や寝具などを快適に。

  • 体内リズムを整えること
  •  できるだけ起床・就寝は同じリズムで。

  • 自分に必要な睡眠時間を把握すること
  •  睡眠のゴールデンタイム、成長ホルモンが多く分泌される夜の22時〜2時の時間帯は寝る!

心も身体もリラックスできることが必要

睡眠2寝る前に5分間「心地がいい」「くつろぐ」といった言葉を目にしてから眠りにつくと、通常よりも47%長い睡眠が得られるとも言われています。
感謝していることを3つ思い浮かべることもいいそうです。

大切な人、楽しいことを思い浮かべるだけで、自然と口元もゆるみ、幸せな気分になれますよね。
それだけでも睡眠の質は上がるはずです!


リストラティブヨガ集中講座【リストラティブヨガを深める2日間集中講座!】川原朋子先生によるリストラティブヨガ集中講座
〜究極の癒しを味わいつくす2日間こちらから!
東京随時開催!
restorative【疲れやストレスでお悩みの方に】
川原朋子先生によるリストラティブヨガ体験クラス

〜究極の癒しを一度体験してみたい方はこちらから!
東京随時開催!
restorative【もっと深くリストラティブヨガを学んでみたい方に】
川原朋子先生によるリストラティブヨガワークショップ

〜リラクゼーションのメカニズムを学んでみたい方へこちらから!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加