マタニティヨガとは?

マタニティヨガの特徴

ヨガの呼吸法やアサナを通して、出産に備えた体力を養い、出産への精神的不安を軽減させ、心身ともにリラックスを図っていく。

体に負担のかからない運動を中心とし、骨盤を広げる出産時に適した筋肉を養うことを目的としています。

従ってマタニティヨガは、心身ともに快適なマタニティライフと、スムーズなお産のための心と体づくりを目的とするヨガです。

また、出産後の体調も整え、ヨガによるリラックス効果が育児中の不安や不調も解消するため、妊娠中・出産時・出産後のいずれにも素晴らしい効果が期待でき、近年、特に人気を集めている妊婦のためのヨガスタイルです。

ヨガのポイント

maternity_01.jpg
妊娠すると女性ホルモンの影響で、心身が劇的に変化します。

便秘やむくみ、腰痛といった不快な症状があらわれたり、イライラや不安感に襲われたり、特に初産ではその不快な症状も大きくなりがちです。マタニティヨガは、妊娠中に起こりやすいそういった心身の症状を予防したり、緩和してくれる効果があります。

マタニティヨガで、出産に必要な体力をつけること。そして、リラックス法や瞑想も身につけることで、痛みに対する恐怖心を払拭し、健やかな出産へと導くことが可能です。

一般的なヨガにくらべて動きも穏やかなので、体への負担は少なく、ヨガ初心者でもすぐに始められるところも人気の理由の1つです。

妊娠・出産によって伸びた骨盤底筋を引き締めるアサナを中心に行い、出産後の体調を整えることも可能です。

マタニティヨガは、呼吸を通して赤ちゃんとの繋がりを感じ、命の尊さを自覚する事によって、出産後の子育てに良い影響を与えるとされています。

こんな人に向いている

一般的にはつわりの治まる15週目ぐらいから行うことが多いですが、まずは産婦人科の医師に相談してから始めるようにすると良いでしょう!

朝起きた時や夜寝る前など、リラックスできる時間に静かな場所で休憩を入れながら、無理をせずにゆったりと行えば、育児によるストレス解消や疲労回復効果も期待できるため、産後の女性にも非常に効果的です。

ブリスベイビーヨガ協会の講師による『マタニティヨガ指導者養成講座』マタニティヨガの指導者になりたい!というかたへ
ブリスベイビーヨガ協会の講師による『マタニティヨガ指導者養成講座』
東京・大阪にて開催!

健やかな妊娠期をヨガでサポート!3日間でマタニティヨガ指導の基礎をマスターしよう!
講座の詳細はコチラ⇒⇒


●●画像の名前●●産後ヨガの指導者になりたい!というかたへ
ブリスベイビーヨガ協会の講師による『産後ヨガ指導者養成講座』
東京・大阪にて開催!

産後の女性の心身の不調をヨガでケア!赤ちゃんとの関係づくりにも最適な産後ヨガを学ぼう!
講座の詳細はコチラ⇒⇒


  • このエントリーをはてなブックマークに追加