ベビーヨガとは?

ベビーヨガの特徴

一般的に普及しているベビーマッサージの要素にヨガの動きをプラスしたもの。

ベビーヨガではオイルをつかわないドライマッサージを行うため、シーンを選ばず手軽に毎日の育児に取り入れられる。

 ベビーにヨガの動きと効果をマッサージで与えながら毎日のケアができるため、親が子どもと触れ合うことが習慣づけられ、お互いの体を感じ、一体となってヨガを楽しんでいける。

 また子どもの体の状況を体温などから察知することができるため、病気の早期発見にも役立つ。

あたたかな手で優しくマッサージされることで、ママからの絶対的な愛情と安心感に包まれ、喜びを感じ、ベビーは満面の笑顔と笑い声で応える。

 こういった時間の積み重ねによってママの育児に対する自信が育ち、さらに子どもにも安定した心が育まれていくという素晴らしいサイクルが生まれる。

親子のスキンシップから生まれる深い絆・信頼関係は、親の子育てに対する自信へとつながるのだ。

ヨガのポイント

baby_01.jpg親の心の余裕は、子どもにもストレートに伝わるため、ヨガの呼吸法を生活に取り入れることにより、ママは安定した心で子育てを楽しむことができる。

 まだ言葉で欲求や感情を表現することのできないベビーと心で会話を楽しめるようになるためにも、
このベビーヨガを通して自分自身と子どもの心が穏やかになっていく過程を味わうことで、育児への自信も育まれる。

 ベビーの肌への適切な刺激は脳・神経系を刺激し、発達を促しストレス・ホルモンレベルを下げる。

そのため、小さな身体の中にも適切な循環と成長が備わりプラーナ(生命エネルギー)の流れが整い、子どもの運動機能、内臓機能の発達を促し、アレルギー症状等の体質改善にも役立つ。

また子どもと一緒にあそびながら、産後の骨盤を整える効果もある。

こんな人に向いている

小さな子どもがいると「あちこち動いてしまったり泣き騒いでしまったらどうしよう・・・」と、ヨガスタジオから遠ざかってしまいがちだが、ベビーヨガクラスなら安心。

子どもと一緒にスタジオにいることが当然であり、お母さんも思う存分、ヨガの時間を楽しむことができる。

 またそこから生まれるコミュニティーの中で、育児についての精神的・肉体的な悩みを共有することもできる。

 お母さんやお父さんだけでなく、おじいちゃんおばあちゃん、また子どもに関わるすべての人々に最適である。

有名講師や認定指導者

高橋由紀

(※あいうえお順)

このヨガが受けられるスタジオ

アンダーザライト ヨガスクール UNDER THE LIGHT YOGA SCHOOL

クシャナ kSaNa Yoga School

Sun and Moon Yoga

SHIZEN ヨガスタジオ

be my self

ヨガスタジオビューラ Studio Beaura

ヨガまる YOGAMARU

産後ヨガ指導者養成講座産後女性また産後のママと赤ちゃんのためのヨガを学びたいという方は!
産前産後ヨガのプロフェッショナル:ブリスベイビーヨガ協会による『産後ヨガ 指導者養成講座』
随時東京・大阪にて定期開催中!

産後ヨガ、ベビーヨガ(乳児)や親子ヨガ(幼児)を短期集中で学びたい方に。
講座の詳細はコチラ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加