ハタヨガとは?

ハタヨガの歴史

ハタヨガの起源は諸説あるが、紀元後10世紀〜13世紀頃、ゴーラクシャ・ナータが開祖し広まったという説と、インドの密教徒達により始められたと言う説がある。

ハタヨガは、肉体的な「姿勢」(ポーズ/アサナ)と「呼吸法」(プラーナヤーマ)を中心としたスタイルで、数々のヨガ流派の元祖とも言えるヨガである。

ハタヨガの三大教本は、「ゲーランダ・サンヒター」「ハタ・ヨガ・プラディーピカ」「シヴァ・サンヒター」。
これらを基本に、伝統を受け継ぎながら、以下のようなさまざまな流派が生まれた。

□アイアンガーヨガ
□アシュタンガヨガ
□インテグラルヨガ
□パワーヨガ
□ホットヨガ (ビクラムヨガ)
 
このようにハタヨガは、現在最も広く受け入れられている肉体の動きを伴うヨガスタイルで、
今日の多くのヨガのアサナは、この伝統的なハタヨガの一部であると言える。

ハタヨガの特徴

hatha_01.jpg一般的に「HATHA(ハタ)」とは、サンスク
リット語で直訳すると「ハ(ha)=太陽」、「タ(tha)=月」という意味である。
この2つの言葉の意味を組み合わせることによって、 「ハタ」は「太陽と月」、「陽と陰」、「精神性と生命力」と解釈することができる。

そこから広い意味で、「ハ」は「太陽・吸う息・凝縮」、「タ」は「月・吐く息・拡大」を表し、転じて、一つに結ばれた陰と陽が織り成す「体内エネルギー」を意味することから、ハタヨガは、ゆっくりと体を伸ばし、力強く肉体を動かすフィジカルなヨガ全般を総じて指すこともある。

 そのためハタヨガは、アサナや呼吸法が心や身体を動かす原動力であるいう基本的な考えの下、それらを調和させるヨガであると言える。

ヨガのポイント

ハタヨガは、力強い動き(ハ)とリラクセーション(タ)の調和に意識を向けるため、
アサナの練習を含むヨガは、すべてハタヨガのクラスであると言うことができる。

心と体の原動力でもある「気」を重視して、ハ=太陽・吸う息、タ=月・吐く息のふたつをコントロールし、調和させることを目指す。

こんな人に向いている

基本のアサナと呼吸法を通して集中力や自己の内面への意識を高め、
運動量も比較的激しくないため、幅広い層の人々が健康促進のためのエクササイズとして取り入れることができる。

 

hoy_tomoko_400_400【ヨガジェネレーションオススメ!のハタヨガ講座】
より自分に合ったヨガをお探しのかたへ

川原朋子先生による『ハート オブ ヨガ』ワークショップ
月に1回、東京にて開催中!

毎日7分のやさしいヨガプラクティスを推奨。「今まで続かなかった」という方もぜひお試しください☆
講座の詳細はコチラ⇒⇒

【関連記事】
「自分のヨガが見つかる? Heart of Yoga | ハート オブ ヨガ とは」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加