bikram_top

ビクラムヨガ/ホットヨガの歴史

ビクラム・チョードリー(Bikram Choudhury / 1946〜)が創設。彼の名前を取ってビクラムヨガと呼ばれ、スタジオも世界各国に広まっているが、ビクラムヨガをベースにしたホットヨガも普及し、独自のスタジオ展開が行われている。

2002年、ビクラム氏自身が、ビクラムヨガの一連のポーズの著作権を登録し、ヨガ界に波紋を呼んだ。

ビクラムヨガ/ホットヨガの特徴

約40℃に温められた高温多湿の室内で、呼吸法と26のポーズを合わせたエクササイズを2回ずつ行うもの。

 一般的にホットヨガでは、行うアサナはエネルギッシュなものが多く、運動量も多いため、さらに高温多湿の室内では精神的にも肉体的にもかなりハードになる。

その環境下に自らを置くことで、ヨガの本来の目的である精神統一も行いやすくなる。

 大量発汗によるストレス解消や柔軟性アップ、デトックス効果も期待できるため、終わったあとは爽快感と達成感を味わうことができ、現代人の自己リセットにも効果があると言える。

ヨガのポイント

ビクラムヨガの指導はマニュアルに従って行われるので、どのクラスも26アサナによるシークエンスほぼ同じ内容だが、ホットヨガスタジオにおいては、骨盤調整ヨガやリンパマッサージ、パワーヨガなど、様々なスタイルのヨガクラスがバリエーション豊かに行われている。

室温を上げる目的は、筋肉を早く温めることと、発汗によりデトックス効果を促進することである。
日常生活では、食物添加物などの食べ物だけでなく、排気ガスなど、あらゆる毒素が体内に蓄積される。

ホットヨガでは、高温多湿の環境で汗をたっぷりかきながらこれらの毒素を排出することで肉体を浄化していけると考えられている。

かなりの発汗量なので、ヨガウェアに注意し、タオルや水筒などは必ずスタジオ内に持参する。
レッスン中、終了後には、水分をしっかり補給することが重要である。

こんな人に向いている

運動量が多く、しっかり汗をかくエクササイズやトレーニングを好む人。

 デトックスやダイエットに特化したヨガを行いたい人。

有名講師や認定指導者

(※あいうえお順)

このヨガが受けられるスタジオ

ビクラムヨガ

ルビーホットヨガ&リラクゼーション Ruby Hot Yoga & Relaxation

[yoga-style-guide]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加