いよいよ始まりました!内田かつのり先生×ヨガジェネレーションのヨガ解剖学コンテンツ。
ヨガ解剖学の講座では、分かりやすい!と評判の高い内田先生。
ヨガ解剖学って何だろう?と気になっていた方も多いはず!!
今回、内田先生の監修のもと、立ち上げられたコンテンツで、たくさんの方にヨガ解剖学を知っていただき、身体の知識をもっと深めていただけたらと思います。
そんな、内田先生ってどんな人だろう?という部分をご紹介させていただきたく対談をさせていただきました!

taidan1.jpg(ヨガジェネレーション):では、対談を始めさせていただきます。まず、内田先生はヨガ解剖学を始めたキッカケを教えてください。

(内田先生):初めは自分のヨガ仲間に解剖学について教えてと言われたのがキッカケでした。そこから、解剖学を教える機会が広がっていき、公民館を借りて教え出すようになりました。
それ以外にも、当時、自分がヨガのレッスンを受けていて感じたことがあって、前に自転車を運転していて転んでしまって腕を骨折したことがあったんですね。でも、ヨガは不思議な魅力があるから、骨折とかも治っちゃうのかな~ってその当時は思っていたんです。
それで、骨折したまま普通にヨガをしにスタジオに行ったんですよ!その時は、ヨガの力で、「治る」って完全にそう思い込んでたんですね。(笑)
当然、片腕を骨折している訳だから、アライメントもおかしくなるわけで…それを見て、インストラクターの方が直しにきてくれるんですけど、その時に、「アイタタタ…そっちの腕、骨折してるんです!」って言ったら先生にドン引きされまして。。その時、ヨガも普通のジャンルなんだって思いました。骨折が治るものじゃないなと。。。

:ヨガは超能力ではないということですね。

:そうそう!それでも好きでヨガをやっていて、このポーズが出来ないないなぁ~って思った時に、色々なヨガの先生に理由を聞いていたら、「バンダ」が入ってないとか、「チャクラ」が開いてないって言う答えが多く、解剖学的に教えてくれる先生が少なかったんです。
その当時、解剖学の勉強をしていたので、体の特徴を知った上で、こうすると、こうなるよねっていう理屈が欲しかったんですね。
その時のヨガの先生達の解剖学の知識は自分より低かったのが実情です。
それからというと、今度は逆に先生達が、解剖学の知識を生徒だった私に聞き出すようになってました。

:先生達も解剖学の知識が必要だと気づき始めたのですね。

:そうだと思います。

:ちなみに先生のバックボーンや、先生の知識の源はどこからきたものなのですか?

:元々自分の身体が弱くて、アメリカの栄養学の分子矯正医学を学び始めたんですね。
それをきっかけに、食べ物を気をつけるようになったんです。またその頃、鍼灸を、患者として受けてたんですが、その先生から、実際に鍼灸を教わる機会があったのがキッカケとなり鍼灸師を目指すことにしたんです。
鍼灸師の専門学校の試験にも無事合格し3年間通って勉強しました。

:現在、鍼灸師であり、ヨガ解剖学、ヨガを教える指導者でいらっしゃいますが、以前は、何のお仕事されていたのですか?

:以前は広告代理店でバリバリと働いていたんです。

:それでは脱サラして鍼灸師、ヨガの指導者の道を選ばれたのですね。

:そうなんです。脱サラして、鍼灸の学校に3年通って学んだんですよ。それが、9年前位の話しです。

:脱サラを決断された経緯はあったのですか

:広告代理店にいた時に、仕事する上で嫌な自分が出てきて、自分の人格が分からなくなることもあったんですね。それが結構キツかったんですよ。
医療関係だったら、もっと自分に正直に生きれるんじゃないかって思いもあったんです。そこから、どんどん、鍼灸もヨガも深めていったんですよ。

:今や定着している『ヨガ解剖学』ですが最初はどんな風に教えていたのですか?

:解剖学を丸ごと理解してしまえば、身体の動きなんてすぐに分かると思って教科書をそのまま渡して教えてたんですね。公民館などで教え始めていた頃は、8.9時間ぶっつづけで教えてました。

:当時の、ヨガ業界では、解剖学の知識にお金を払う人が少なかったそうですね。

taian2.jpg:そうなんです。今ヨガジェネレーションで講座を担当している「頭と身体で覚えるヨガ解剖学」(骨と筋肉の基礎を学べる講座)の、受けた生徒さんには、私のヨガの先生は多分ここまで身体のこと知らないんじゃないかな?とよく言われます。その現状を変えたいという思いでヨガ解剖学を教えています。
例えばRYT200を修了している方でも、鎖骨(サコツ)を左骨(サコツ)と勘違いしていたり、右側の鎖骨を右骨(ウコツ)と呼んでいたり、肋骨は何本ですか?って聞くとロッコツだから6本?って答える人が多いのが現状です。
基本である背骨の数も知らない人が多く、知ってる人の方が稀な位です。

:身体の知識が低い=ヨガでケガする人が多いということですか?

:めちゃくちゃ多いです。

:間違ったアライメントによってケガはおこるのですか?

:そうですね。僕の所に求めてくる患者さんでケガが多い部分としては、肩周り、腰が圧倒的に多く、また、膝、肩に連動して手首です。
ミスアライメントによるケガもありますが、三年間毎日練習している人がいて、アライメントも上達してる方がケガしてしまったという方もいるんですよ。
それはどうして?と疑問に思いますが、それは全く不思議なことではなくいんですよ。
ヨガからマインドとったらエクササイズなんですね。そうすると、3年間毎日、エクササイズをやっているとしてみてください。
身体がオーバーワークになるでしょう。オーバーワークが怪我につながる理由だったんです。
その為には、お休みをとる時間を設けたり、メンテナンスする時間を設けないと、筋肉が疲れ果ててしまうんですね。
お休みをうまくとってあげること、自分の身体の声を聞くことが大事ですよね。

:先生にとってヨガの魅力とは何ですか?

:僕は、ジムにも行くんですよ。でも、マシーンとかで運動しても全然楽しくないし、続かないんですね。
だけど、ヨガだけ楽しめて苦もなくできるんですよね。
もしかしたら、一人の時間が好きな人は向いてるのかな~って。ジムでワイワイやっている中で、僕は隅っこでやりたいタイプ(笑)
でも一人で練習するのは出来なくてみんながいる空気の中でハードにやるヨガが好き。 
自分の中に負の感情がある時に、それも考えられない位にヨガで動くと思考が止まるんですよ。
悲しむ暇もあたえないくらい、身体が先に疲れ果ててしまうんですね。そうすると、自分じゃ見えなかったスペースが出来て、客観的に見れるようになって結構くだらないことで悩んでたなって、
思うんです。僕にとってヨガの魅力は本当に内側に入れることかな。

:最後にヨギー・ヨギーニに一言。

:一回とにかく、ヨガ解剖学の知識に触れてもらえたら嬉しいなって思います。


【講師プロフィール】

内田かつのり

anatomy-tt-face.jpg鍼灸師
 “薬だけでは治らない病気も沢山ある”という現実を身を持って体験した事をきっかけに、アメリカの栄養学である分子矯正医学という栄養療法を深めながら、ファスティング、酵素栄養学、ゲルソン療法(コーヒーエネマ)、漢方や整体術などを実践。
更に、本当の健康とは何かを探している中で、ヨガに出会い、運動療法、精神療法というような代替医療としてヨガの可能性に魅せられて以来、ヨガそのものが暮らしの中に在るようになる。

上海中医薬大学にて、推拿学・解剖学を学び、現在は、トリガーポイント療法という筋肉に重点を置いた鍼と、灸頭針という背中のこわばりは体内毒素の現れであるというスタイルの針、2つを軸にして治療を行っている。

アヌサラヨガのマスターイマージョン、アヌサラ・インテンシヴコースⅠ・Ⅱ修了、UTLでのAMC/AMIC修了。
現在、都内ヨガスタジオにて、解剖学短期集中講座やティーチャートレーニングに携わり、インストラクター養成にも力を注いでいる。
座右の銘:陰極まれば陽になり、陽極まれば陰になる。
【内田かつのりブログ:ヨガと鍼】  http://ameblo.jp/yogahari

【内田鍼灸院/Yoga Anatomy Lab.】  http://www.yogahari.com/

[yoga-anatomy-top]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加