paschimomain.jpg

座位のアサナ パスチモッターナサナ【paschimottanasana】

座位で行う前屈のアサナ。柔軟性がない方が無理に伸ばすとハムストリングを痛めてしまう可能性があるので、
膝を曲げたり十分ウォーミングアップしたりと自分の身体と対話しながら行うと深くアサナに入ることができるでしょう。

パスチモッターナサナで多いミスアライメント

①腰から曲げてしまっている       ②ひざが曲がって無理な前屈

paschimo-1.jpg


正しいアライメントへの導き方

①腰から曲げてしまっている

kotubannantei.jpgまず、坐骨をたたせて、マットに座ります。

腰から曲げるのではなく股関節から前屈していきます。

股関節から正しく曲げるためには、太ももの外側の骨を意識するとよいでしょう。

 

ひざが曲がって無理な前屈

sebonewonobasu.jpgまず、膝を曲げて太ももとお腹がついた状態で、手で腿の裏を掴みます。

背骨はまっすぐをキープしたままで、吸って背骨を伸ばして吐く息で、ゆっくりとかかとを前に歩かせていきます。

この時にお腹とももが離れないようにします。

呼吸に合わせてかかとをいけるところまで前に歩かせて、背骨を伸ばしたまま前屈を深めていくポイントを体感しましょう。

 

正しいアライメントへ近づくためのエクササイズ

股関節から前屈しやすくなるエクササイズをご紹介します。
※ポイントは膝がつま先よりも前に出ないようにおこないます。

paschimottanasana05

まず、タダアサナでたちます。

そこから、膝を曲げてお尻を斜め後ろにおろしていきます。
注)この時に、膝がつま先よりも前に出ないように注意。

そこからゆっくりとさらにお尻を斜めに深く下ろしていきます。

90度くらいまでおろしたら、ゆっくりと前屈してウッターナサナになっていきます。

[yoga-anatomy-top]

  • このエントリーをはてなブックマークに追加