寺崎 シータ 由美子 – 東京都で活躍するヨガインストラクター INSTRUCTOR

寺崎 シータ 由美子

活動エリア

プロフィールPROFILE

2001年 ヨガを始める。 2002年 友永淳子先生に師事。先生の先生の・・・先生、スワミシヴァナンダ師の教えに出会う。指導者養成コースにお誘いいただいたものの、お金がまったく無かったので「これからの3年間、レギュラークラスの一番前の席で先生の教えを賜ろう」と密かに決意。 2005年 3年が経ち、Sivananda Yoga Vedanta Center Ashrum Yoga Ranch(NY,USA) にて Teachers Training courseを修了。これからの3年間、自分の身は無いものと思って東京に尽くそうと密かに決意。 2008年 3年が経ち、Sivananda Yoga Vedanta Center Dhanwantari Ashram (Kerala,India)にてAdvance Teachers Training Course を修了。ヨガアーチャリアとなる。インド国内の小学校や、リシケシのヨガスクールでハタヨガを教えるチャンスをいただく。これからの3年間の決意は秘密です。

スタイル

ギャラリーGALLERY

インタビューINTERVIEW

ヨガを始めたきっかけは?

ネイティブアメリカンのサンダンスという儀式に参加しているときに、啓示を受けました。その時は自分でも「???」と思ったのですが、頭で考えるのはとりあえずやめにして、帰国後すぐに先生を探しました。

ヨガを始めて何が変わりましたか?

もともとスポーツが嫌いで、虚弱かつ身体能力も高い方ではありませんでしたが、ヨガを始めて一年目、気づくと、驚くほど体が変わっていました。以降、風邪をひいていません。 しかし、それ以上に、心が変わったと思います。強い感受性に振り回されて、無駄に苦しむことが無くなりました。ヨガには「手放す」ことを教わったと思います。

あなたにとってヨガとは?

「祈り」でしょうか。「私」という感覚が消え失せる感じが、「祈り」という状態に非常に似ているように思います。あるいは「なんにも無い世界」「完全なる自由」。

日々のレッスンで心がけていることは?

自分の体を、鳴りの良い媒体に出来るよう、意識のチューニングは心がけています。また、私のサジェスチョンよりも、生徒さんご自身の体の声を一番に聞いて頂けるように促しています。

これからヨガを始める方へ一言。

いつも皆さんに申し上げるのですが、「ヨガにおいては遠回りが一番の近道」なような気がしています。「あれ、こんなに、変わった!こんなことが、出来た!」という瞬間が、予想もしないある日、かならずやってきますので、その日を楽しみに、ただ無心に、今のご自身のヨガを楽しんでいただけたらな、と思います。

あなたのヨガの師は?

Swami Sivananda Gurudev,友永淳子先生,Srinivasan,Swami Sadasivananda

好きな言葉は??

あって便利なものは無くて良いもの(by自分)

好きなカラーは?

好きなポーズは?

paschimothanasana

苦手なポーズは?

mayurasana

海外でオススメの先生もしくはスタジオは?

Prahlada先生@Sivananda Yoga Vedanta Ccenter Toronto

休日の過ごし方や、あなたにとってのリラックス方法は?

超長時間睡眠

おすすめアイテムは?

丹田君

おすすめショップは?

ナワプラサード(本),Phul Moon Purusha(アーユルヴェーダ)

おすすめスポット、または思い出の場所は?

奥多摩,西荻窪

あなたが認めるお勧めインストラクターは?

Sada Anand Khalsa Shin 先生(3HO=kundalini yoga)

あなたのお勧めのスタジオまたはクラスは?

SYVC-Japan

ヨガの他に興味のあるものは?

音楽(ベーシストです)、タミル語、化石・岩石・貴石。