INSTRUCTOR

内田範子

活動エリア

プロフィールPROFILE

ヨガインストラクター マインドフルネス ファシリテーター (UCLA MARC認定講師) 高校3年より単身渡米し、13年間アメリカで過ごす。大学卒業後、会社員として働き始めた頃にヨガに出会い、会社帰りや休日の時間を使って8年間ヨガを実践。2013年、勤めていた会社を退職と同時にヨガをさらに深める為、ロサンゼルスで9週間のヨガティーチャートレーニングに参加。2014年にアシュタンガヨガ正式指導者のダイアナ クリスチャンソンに出会い、アシュタンガヨガの実践を開始。 またヨガを通じて知ったマインドフルネスに深く共鳴し、マインドフルネス各種コースを受講。マインドフルネスの親とも呼ばれるジョンカバットジン博士のMBSR(Mindfulness Based Stress Reduction)や、カリフォルニア大学ロサンゼルス校 UCLA MARCにてMAPs(Mindful Awareness Practice)等のコースを修了。2014年に帰国。 同年6月にMind Body Projects を設立。群馬県を中心にヨガ、マインドフルネスの指導を開始し、より多くの人が日常的にヨガや瞑想を取り入れられるようサポートを行う。 その後東京、東北にも活動を広げる。2016年1月より米国カリフォリニア大学ロサンゼルス校 (UCLA) にてマインドフルネスファシリテーションのトレーニングプログラムに参加。自らの実践を深めると同時に、マインドフルネスの最前線を学ぶ為、 現在は日米を行き来する生活を送りながら、マインドフルネスやヨガを通じて、優しさと共感力を育む日本でのコミュニティー作りを目指す活動をしている。2017年には恩師のダイアナ クリスチャンソンを日本に招きリトリート開催予定。

スタイル

ギャラリーGALLERY

インタビューINTERVIEW

ヨガを始めたきっかけは?

大学を卒業して会社員になったばかりの頃、お金がなくてバイトを掛け持ちしていました。睡眠時間が少なくて不規則だったので、なんとか短時間でもぐっすり寝たいと思った時に、大学時代にジムで受けたヨガの心地よさを思い出し、ヨガをすればよく寝られると思ってその頃住んでいたアパートの近くにあったホットヨガに通い始めました。

ヨガを始めて何が変わりましたか?

自分の中によりどころができました。ヨガを始める前はいろいろな事を自分の外に求めていましたので、物事が思い通りにいかなかったり、人と意見が対立した時に苦しみがありました。でもヨガを知って結局答えは自分の中にあり、自分の願望や欲求のほとんどは自分自身に還る事で満たされる事がわかってきました。 また自分が一生かけてやっていくことが見つかって、毎日が充実するようになりました。またヨガを通じて、地球にはこんなにも素晴らしい人たちが居たんだって思える方々にたくさん出会えるようになりました。

あなたにとってヨガとは?

人生そのもの、一生かけて向き合っていく大切なものです。

日々のレッスンで心がけていることは?

どれだけ生徒さん一人ひとりが必要とする安全な場を作り出せるか、生徒さんが表に出さない身体や心の痛みや願望、大切にしているものを感じ取って、リスペクトできるように心がけています。

これからヨガを始める方へ一言。

素敵な冒険が始まります。楽しんで!

あなたのヨガの師は?

アシュタンガヨガのDiana Christinsonを始め、本当に数々の素晴らしい先生方に出会ってきました。また、自分と深く繋がったり、人と心からの関わりを持つと、必ずそこには学びがありますので、自分自身も含めて周りの方全員が自分にとっての師であると思っています。

好きな言葉は??

Be the change you wish to see in the world - マハトマ ガンジー 世に生を得るは、事をなすにあり- 坂本龍馬 宝在心

海外でオススメの先生もしくはスタジオは?

Diana Christinson (Pacific Ashtanga Yoga Shala) カリフォルニア州Dana Point にあります。

休日の過ごし方や、あなたにとってのリラックス方法は?

山や海で過ごすととても幸せな気分になれます。

ヨガの他に興味のあるものは?

マウンテンバイク、キャンプ、スキー、スノーボード、Jazz、冒険 マインドフルネス、共感コミュニケーション(NVC)