INSTRUCTOR

ウェンリー

活動エリア

プロフィールPROFILE

ウェンリーのヨガ習得暦はほぼ5年、彼女はワビサビ?ワサビ・ヨガグループ(WabiSabi – Wasabi Yoga group)の創立者でもある。彼女は、生来、体を動かすことや精神集中訓練をすることを含む修業・訓練といったものに深く魅了される傾向にあり、日本滞在8年の間にはジャズダンス、空手、茶道、琴を習得した。文化女子大学卒業。 シンガポール帰国後、彼女は金融・通信関連の職に就くが、やがてその環境に満足を得られず、自分の情熱に心を傾けることを決心、そこでヨガに出会った。2004年、彼女はインド、バンガロールのビハール・ヨガ学校にてヨガ指導者の免許を取得した。ウェンリーは、ハッタ(Hatha)・ヨガの他、ビンヤサ・ヨガのさまざまなスタイルを実践している。 ヨガは、彼女の人生哲学でもある”侘び・寂”(それは日本滞在中に茶道を通じて彼女が学んだ哲学である)に訴えるものがあった。生活に侘び・寂の原理を取り入れるということは、不完全な物から価値や知恵、また喜びを見つけ出すということである。ヨガを学ぶ時、我々は肉体の知力を養い、そして自己の強さと弱さについて発見することが出来るのだ。

スタイル

ギャラリーGALLERY

インタビューINTERVIEW

ヨガを始めたきっかけは?

体を動かしたくて、ジムにあるほとんどのエクササイズをやりました。1年半たって、やっていることが物足りなくなって、 ヨガをはじめてトライした。それが9年前。それ以来毎日ヨガを練習することになりました。

ヨガを始めて何が変わりましたか?

今の自分は、がっかりすることとか怒ることとか、あせることとかはほとんどありません。

あなたにとってヨガとは?

沈黙・・・

日々のレッスンで心がけていることは?

生徒は何かを求めてクラスに来てる。ただ単にヨガのクラスを機械のように教えるではなくて、 生徒を”感動・ためになる”ようなレッスンしなきゃ!

これからヨガを始める方へ一言。

もし貴方が常にチャレンジを求めているのなら、練習を簡素化することが最大のチャレンジとなるかも知れません。 そして、貴方が自分の成長を記す目的で’Advance’という言葉に固執した時、 それは反対の結果をもたらすことになります。すなわち、単にポーズを取り、ポーズを感じるのです。

あなたのヨガの師は?

マノージタクール

好きな言葉は??

何が起きても、あッそうなの...?

好きなカラーは?

みどり

好きなポーズは?

全てのバランスのポーズ

苦手なポーズは?

Eka Pada Sirsasana

海外でオススメの先生もしくはスタジオは?

Maki Love & Peace : http://ameblo.jp/makiko-itaya/

休日の過ごし方や、あなたにとってのリラックス方法は?

読書

ヨガの他に興味のあるものは?

陶芸