INSTRUCTOR

Ria Kuroki

活動エリア

プロフィールPROFILE

みなさん、はじめまして。ナチュラ・ル・ヨガ -natural u yoga- 主催の「黒木りあ」と申します。 ヨガ発祥の地インドはリシケシにて、全米ヨガアライアンスの講師資格を取得しました。その後はトラベリングティチャーとして、日本を始めタイ、マレーシア、アメリカを中心にヨガクラスは勿論のこと、リトリートや講師トレーニングに携わって参りました。 長年過ごしたロサンゼルスに戻ってくる機会に恵まれ、カリフォルニアでヨガスタジオの立ち上げに携わらせて頂くお仕事を通し、今まで私自身が培ってきた経験を凝縮させて、ナチュラ・ル・ヨガを主催することとなりました。 今まで英語でクラスを行うことが主でしたが、ここはロサンゼルス。日本からの在住の方も沢山いらっしゃいます。渡米した当初は英語が苦手だったという自身の経験もあり、「もっと日本語で分かりやすく、安心してヨガを行えるスペースを作っていきたい」と言う強い願いが、こうしたカタチとなりました。 ヨガを通して、そしてヨガを超えて、みなさんの心と身体が繋がるお手伝い、自信溢れる自然な美しい存在になるお手伝いができればと思っております。 どうぞよろしくお願いします。

スタイル

ギャラリーGALLERY

インタビューINTERVIEW

ヨガを始めたきっかけは?

幼少から10年程クラシックバレエをしていたこともあり、ルックスに沢山のコンプレックスを持っていました。太るのが怖かったこと、痩せていなきゃという固定観念が、バレエを辞めた後でも重い後遺症となっていました。 渡米をしてアメリカの食生活が合わずに、かなり体重が増えてしまった時期があり、自分がとっても嫌いになってしまって、 運動をしなければと焦りました。そのうえ体も硬くなり、ランニングは嫌いだしとワガママな私の救世主となったのがヨガでした。 その頃はすでにロサンゼルスでも沢山のヨガスタジオがあり、自分に合うスタジオや先生に出逢うまでにとっても時間がかかりました。ですが、諦めずにヨガを続け、自分にぴったりとあったヨガスタジオや先生に恵まれる機会が後にあって、こうして講師になっている自分に出会えたのも、沢山の不満や自分が好きじゃないという感情を素直に認め、改善しようとしたあの頃の自分があったからこそだと思います。

ヨガを始めて何が変わりましたか?

ヨガを始めて人生が本当に幸せになりました!とは言っても、いつももちろんハッピーな訳ではありません。人間は、色々な感情を持ってこそ、本来の自分になることが出来ると思うんですね。 ヨガが私を変えてくれたことは、自分の内から出てくる不快な感情に気づいた時に、どういう風に対処していくかと言う「リディレクト」する作業がしやすくなったと思います。 例えば「また体重が増えて、お肉もついて、私綺麗じゃない!いやだなー。。。」って言う感情が現われた時に、じゃあ、理想な私になる為には今の私に何が出来るのか、ということを焦らず無理せずに考えること練習する。それは、今の自分を認め、改善するステップを作っていく=忍耐力を培うという作業に繋がっているんです。これはアーサナ(ヨガのポーズ)をするうちに、自然と心の中に入ってきた教えです。 もちろんヨガを始めて筋肉が付き、脂肪を燃焼しやすい体に変わったことを実感しました。ですが、それ以上に精神的な安定、どんな状況でも自分に「大丈夫!」って言える自分に出会えたことが、人生の中での一番の変化だと思います。

あなたにとってヨガとは?

楽しく日々の生活を送るヒント集ですね。楽しいときは、みんな楽しくって、不安になることってないと思うんです。でも、落ち込んでる時や悲しい時、こういう時にこそヨガの存在の偉大さにはいつも感謝しきれません。 この6年をヨガと共に過ごしてきて、自分で行動すればなんでも出来る様になる。自分の望む私に会えるんだってことを嫌という程実感してきました。これは、教えている生徒さんを見ても一貫して言えることだと思います。頑張って努力をすれば、最高の自分にいつかなってる。悶々とした感情がわいてくる時にこそ、私はマットの上でヨガをするんです。10分でも構わない。継続することが大切だと思います。体を動かすことは、心を動かすことに繋がって、とってもスッキリするんですよ。

日々のレッスンで心がけていることは?

私自身のレッスンで気をつけることは、「焦らない」ということ。思う様に行かない時こそ、呼吸や、体、心の僅かな動きを大切にします。 教える時に気を付けていることは、皆さんの表情を見ながらレッスンをすること。「目は口程に物を言う」動き自体よりも、今その人が何を求め、何を改善したいのか、相手の立場になったつもりでレッスンをさせて頂いてます。

これからヨガを始める方へ一言。

何か新しいことをしたい、ワクワクに欠けている、そう感じた時にヨガと言う「チョイス」があることを心に留めて欲しいと思います。行動しなければ何も始まりません。やらなくて後悔するよりもやって後悔する。これはアメリカで培った感覚です。無理にヨガをやらなくては、好きにならなくては、そんな風に思わないんで欲しいんです。軽い気持ちで始めてみて、「私、ヨガ好きになれるかも?」と思えば続ければいいと思います。 自分の直感を大切にしてみて下さい。今そこに湧き出てくる感情は、紛れもなく自分自身が一番強く思っていることです。素敵なヨガ生活、応援しています!

あなたのヨガの師は?

地球を含めた宇宙全部

好きな言葉は??

可能性は無限大

好きなカラーは?

ターコイズブルー

好きなポーズは?

マウンテン

苦手なポーズは?

アームバランス

海外でオススメの先生もしくはスタジオは?

Deena Robertson

休日の過ごし方や、あなたにとってのリラックス方法は?

クッキング、ビーチ、サーフィン、ハイキング

おすすめアイテムは?

自分の好きな色のブレスレット

おすすめショップは?

バッファローエクスチェンジ

おすすめスポット、または思い出の場所は?

プエルトリコ

あなたが認めるお勧めインストラクターは?

Joe Komar

あなたのお勧めのスタジオまたはクラスは?

Modo Yoga LA

ヨガの他に興味のあるものは?

ロービーガンクッキング