荻原とみ江 – 栃木県で活躍するヨガインストラクター INSTRUCTOR

荻原とみ江

活動エリア

プロフィールPROFILE

本名:荻原とみ江(Tomie Ogiwara) 那須塩原市内在住 夫と息子2人の4人家族 原 久子氏の元にてヨガを学ぶ。 堀之内 博子氏の元にてヨガを学ぶ。 セントラルスポーツエアロビクスインストラクター AFFAキッドビクスインストラクター 1992年 ネパール・インド旅行 1997年 南インド旅行 1999年 インド旅行

スタイル

ギャラリーGALLERY

インタビューINTERVIEW

ヨガを始めたきっかけは?

私は幼いころから痩せていました。高校生になって、食べる量が増えてもなかなか太れませんでした。 原因は、今でいう「過敏性腸炎」だったからだと思います。 試験前など緊張するとお腹が痛くなり、すぐにお腹を壊してしまいました。 アイスを食べても、朝食で果物を食べても、氷入りのジュースでも。 太りたくて食事を沢山食べても胃が痛くなりまたお腹を壊してしまいます。 ところが、ヨーガを始めてから半年ほどでお腹を壊すこともなく、少しずつ体重も増えていきました。 2年が過ぎ、生活環境の変化もあり10㎏ほど増えましたが、その後食事量は変わらなくても徐々に体重が減り、 元々の体重プラス2㎏を維持し現在まで20年近く体重は変わりません。それが私のベスト体重だと思っています。

ヨガを始めて何が変わりましたか?

2人目の出産からヨーガをする時間がなくなり、産後1年を過ぎたころから、 月に1回朝起きると目が回り三日間は起きることができませんでした。なかなか原因がわからず1年が過ぎ、 3件目の病院で「出産後、自律神経が乱れる方がいます。」と言われました。 そこで、「自律神経」なら「ヨーガ」と思いその日からまたヨーガを始めることにしました。 毎日はできませんでしたが、家事の合間に少し動くだけでまったく目が回ることはありませんでした。 これには私自身が驚きました。今では全くないとは言いませんが、1、2年に一度、寝不足が続いた日にでる程度です。 このとき、身体が動く限り一生ヨーガを続けたいと思いました。

日々のレッスンで心がけていることは?

ヨーガというと、 ストイックでハードなイメージが あるかもしれません。 しかし、私のサークルでは 「続けられるヨーガ」を心がけています。 私自身がそうであるように、 無理なく、自分のペースで、 日々の暮らしを少し豊かにするヨーガ。 そんなヨーガの素晴らしさを、 共有できたらいいと思いながら、 指導しています。