MaRi – 茨城県で活躍するヨガインストラクター INSTRUCTOR

MaRi

活動エリア

プロフィールPROFILE

2000年:アメリカの大学留学中ヨガに出会う 2005年:東京のヨガスタジオにて勤務開始 2007年:茨城に移住と共にティーチングを開始 生まれて初めてのヨガはIyengerスタイルでした。プロップや、時に厳しく愛情のたっぷりこもった丁寧な指導のお陰でポーズが良く学べました。次に出会ったのがPower YogaとRaja Yoga。異なる2つのタイプのヨガを自分の中でどう消化していくか、沢山学ばせて頂きました。その後、アメリカのKripalu Yoga CenterでKripalu Yogaに触れ、通訳としてAnusara YogaやRestorative Yogaを学ばせて頂きました。今まで経験したYogaはどれも大好き。現在は、原点に戻りHathaYogaを追及してみたいと思っています。

スタイル

ギャラリーGALLERY

インタビューINTERVIEW

ヨガを始めたきっかけは?

美大で絵を描いていて、ずっとインドアだったので動きたいと思っていた頃に、ふとしたインスピレーションに導かれヨガのクラスに通い始めました。でも本当は、遠く日本から離れてちょっと寂しかったので、絵を描く以外に夢中になれるものが欲しかったのかも・・・。何はともあれ、クラスに通う前に練習しようと思って本屋さんで購入したビデオ(当時)とGaiamのヨガマットは今でも大切な思い出です。

ヨガを始めて何が変わりましたか?

「カラダが軽くなった。」このフレーズにとても意味を込めて、そう思います。次々と、自分でシャットダウンしていた事をもう一度挑戦してみたり、さらに深めていったり。昔やりたいと思っていた事、やりかけて挫折していた事を思い出して目の前が明るく開かれていった感じです。自分にとって大切なこと、アートだったり、音楽だったり、アウトドアだったりボランティアだったり、様々な大切なものがヨガをしているからこそ実現していっています。東京を離れての生活の変化も、みーんなヨガのお陰。いつも勇気をもらって、励まされて、感謝しています。

あなたにとってヨガとは?

お寺みたいな感じ。静かで、優しくて、木に囲まれていて、ずーっとそこにある。動かない、ゆるぎない、大切なもの。でも決して甘やかさない、芯の通った強く真摯なもの。神聖なもの。

日々のレッスンで心がけていることは?

優しさ、楽しさ、そして静けさ。 自分のパーソナリティでは、一番これが合っていると思うから。今後は、強さも追求したいと思っています。

これからヨガを始める方へ一言。

とにかく考えないでいいから、やってみよう!絶対後悔しないですよ。

あなたのヨガの師は?

Micky先生(一番最初の先生)、綿本彰先生、Desiree Rumbaugh先生、Judith Lasater先生

好きな言葉は??

Yoga is Art

好きなカラーは?

自然な色

好きなポーズは?

パドマアーサナ

苦手なポーズは?

ハヌマーンアーサナ(筋を伸ばしすぎないように練習中)

海外でオススメの先生もしくはスタジオは?

Desiree Rumbaugh先生、Judith Lasater先生

休日の過ごし方や、あなたにとってのリラックス方法は?

ガーデニング、ビーチで昼寝、映画鑑賞

おすすめアイテムは?

作家さんと共同でオリジナルでヨガマットバッグを作っています。今はそれが超おススメ。

おすすめショップは?

saza coffee(茨城生まれの美味しい珈琲店)、green spot(地元の花屋兼カフェ。素敵過ぎ)

おすすめスポット、または思い出の場所は?

米国アリゾナ州、スコッツデイル。Desiree Rumbaugh先生と2008年を迎えた思い出の場所です。

あなたが認めるお勧めインストラクターは?

今まで受けた事のある先生、みんな。

あなたのお勧めのスタジオまたはクラスは?

Sun&Moon、Eco Nikko

ヨガの他に興味のあるものは?

アート全般、