Mico(札幌) – 北海道で活躍するヨガインストラクター INSTRUCTOR

Mico(札幌)

活動エリア

プロフィールPROFILE

ホットヨガスタジオプロデューサーとして、日々ホットヨガレッスンを行ったりスタッフ研修に携わっています。 ヨガインストラクターになりたての頃に描いていた理想的な生活やライフスタイルを実現でき、自分のスタジオ を持つことが出来ていることは一重にスタッフと会員様のお陰です。 最初は文化教室などの体験レッスンやスポーツクラブの代行から始めました。そして、徐々にお客様との コミュニケーションが深まり、仕事が増えてきたものの、企画や依頼があっても自分の時間の調整が 出来ないという壁にぶつかり、養成講座を開講し、インストラクター仲間を増やしました。その養成講座を 修了されたインストラクターがレッスンする場所をもっともっと増やしたくなり、スタジオを持ちたいと いう想いが強くなり、スタジオを任せてもらえることになりました。 でも、まだまだやりたいことも実現していないこともあります。”ヨガは全ての人のためにある”をモットー に私が好きになったヨガを、より多くの方にお伝えし、ヨガで人生が豊かになる人が増えていったら嬉しいです。

スタイル

インタビューINTERVIEW

ヨガを始めたきっかけは?

ヨガを始めたきっかけは、若年性卵巣機能不全と言われ、23歳で閉経したことがきっかけでした。 ホルモン剤や漢方なども試しましたが、全くびくともせず数値は80歳以上、男性以下のホルモン数値でした。 その後ホットヨガに通い始め、身体が内側から動き始めたのを今でも覚えています。ホットヨガに通って 5か月ほどで生理が来て、1年ほどで回復しました。薬や病気で落ち込みがちだった私も随分楽天的になり、 図太くもなりました。 その薬でも治療でもないたかが運動ともいえるヨガですが、されどヨガが素晴らしいものだと多くの人に 伝えたいと考えヨガインストラクターとして活動するようになりました。

ヨガを始めて何が変わりましたか?

全てが変わりました。人の体の細胞は半年で全て生まれ変わるから、まずは半年続けてみてくださいという インストラクターの言葉通り、半年後には身体も感じ方も考え方も変わっていました。 大人になってから、何かが変わることに臆病になりがちで、日々成長を感じながら過ごすものも少なくなります。 ヨガをするとできないポーズがある日突然出来る様になり、日々変化や成長を感じられます。

あなたにとってヨガとは?

私にとってヨガはすべてにおける手段です。生活の手段でもあり、美容の手段でもあり、健康の手段でもあり、 成長の手段でもあり、そしてビジネスの手段でもあります。ヨガを目的にしてしまう時期もありましたが、 ヨガはあくまでも手段であってヨガをするために生活をしているのではなく、日々心地よく過ごすための 手段としてヨガがあります。

日々のレッスンで心がけていることは?

参加したすべての人に満足してもらうこと、お金を払うだけの価値があるレッスンを提供することです。 ヨガインストラクターは先生と呼ばれますが、あくまでもサービス業であると考え、最高のサービスと 心地よさや満足感を得られるようにと心がけています。

これからヨガを始める方へ一言。

1回目は頭を使い、もしかしたら疲れるかもしれませんが、めげずに同じレッスンに3回出てみてください。 心地よさを感じられると思います。 10回目には呼吸が変わり、20回目には体も変わり、1年経つ頃には別人に、それもなりたい自分になっているはず♪ ぜひ素敵なヨガライフを・・・心から

好きなカラーは?

ピンク

好きなポーズは?

ダウンドッグ

苦手なポーズは?

ダヌラーサナ

休日の過ごし方や、あなたにとってのリラックス方法は?

ヨガニドラ・子どもと公園にいく