辻 良史 – 東京都で活躍するヨガインストラクター INSTRUCTOR

辻 良史

活動エリア

プロフィールPROFILE

1976年 生まれ 筑波大学発ベンチャー(株)サイバー・ヨガ研究所 代表取締役 【保有資格・学位】 ・博士 (体育科学) ・(社)日本ヨーガ療法学会認定ヨーガ療法士  (インド中央政府科学技術省公認) ・KRI認定クンダリーニヨガ教師 (ヨギ・バジャン直伝) ・RF武道空手 特別技術顧問 私の研究の専門は,応用精神生理学です. 具体的には,「ヨーガと脳機能,競技パフォーマンスの関係」についてアスリートを対象に研究しています. 私がヨガと出会ったのは1999年のことです. まだ,ヨガブームが起きる前になぜ私がヨガを学ぶようになったのか,その経緯を簡単にご説明させていただきます. 私は,幼少期をアメリカ・ニューヨークで過ごし,その後,小学生の頃に日本に帰国をしました. その両国間の急激な環境の変化についていけず,慢性的なアトピー性皮膚炎,喘息,腹痛に見舞われてきました. 病院にはよく通いましたが,薬をもらっておわりでした. ですので,一時的に症状が軽くなるだけで完治しませんでした. 今思えばこれらの原因は,全て自律神経失調症によるものでした. ただ当時はまだ子供でしたし,そのような原因も特定できず,ただ耐える日々が続きました. その後,中学,高校では硬式テニス部に入部し,日々テニスに明け暮れる日々を過ごしました. その頃には体力もつき,病弱だった体が嘘のように心身ともに健康になっていました. その時は何となく毎日の運動が病気を克服してくれたのだと単純に思っていましたが, これは好きなことに打ち込むことで,自律神経のバランスが整い,免疫系が正常に機能し出したことが考えられます. その後,大学時代より,サムライの精神に惹かれ,様々な日本の武術を学ぶようになりました. そこから禅に興味を持ち,そのルーツであるヨガに自然と興味を持つようになりました. 大学時代より,突如,サムライの精神に惹かれたり,ヨガに興味を持つようになったのは, 今思えば,幼少期から児童期に味わった神経衰弱体験により,強い自分への憧れから自然と生まれてきたのだと思います. ですので,大学の卒業論文も「ヨーガとリラクセーション」について研究をしました. 1999年より国内ではまだ“幻のヨガ”と称されていたクンダリーニヨガを学ぶようになりました. その後,三度の渡米でクンダリーニヨガの第一人者であるヨギ・バジャン師のもとで修行し, 2003年に日本人男性として初の「クンダリーニヨガ(ヨギ・バジャン伝)」の正式な指導者の認可を得ました. ヨガ修行と同時に大学院では, 「ヨーガの呼吸法が脳機能と情動にどのような影響を与えるのか?」という観点からアスリートを対象に研究を行うようになりました. その後,研究の一環として,(社)日本ヨーガ療法学会が主催するYIC,YTIC講座を受講し, 2009年に学会認定の「ヨーガ療法士」の資格を取得しました. その流れから, 筑波大学と(社)日本ヨーガ療法学会の共同研究による「ヨーガの科学的根拠を解明する」プロジェクトに携わるようになりました. ヨガの修行ではさらなる高みを目指して, 2006年より木村慧心師のもとで,古来より“王者のヨガ”と称されるラージャヨガを学ぶようになり, 2007年にインドにて「聖名(シダンガ・ヨギ:神智のヨーガ行者)」を拝受しました. その後, 2012年におよそ1000人以上のアスリートへの介入研究や,自分自身のヨガ及び武道修行,スポーツ科学研究の経験を基に 「実践で本当に役立つヨガプログラムの開発・研究」を理念に大学発のベンチャー企業として起業をしました. 現在は,ヨガと最新テクノロジーをハイブリッドさせた「サイバーヨガ」の指導を アスリート,芸術家,武術家,ヨガ修行者,会社経営者を対象に行っております.

スタイル

インタビューINTERVIEW

ヨガを始めたきっかけは?

きっかけは,リラクセーションに関する研究で呼吸法をテーマにし,自分でも取り組んでみようと思ったのが始まりでした.

ヨガを始めて何が変わりましたか?

身体だけでなく精神的にタフになり,行動力が格段に向上しました.

あなたにとってヨガとは?

よりよい人生を歩むための欠かせないパートナー

日々のレッスンで心がけていることは?

先人達から受け継いだ智慧を情熱的に正しく伝えること

これからヨガを始める方へ一言。

ヨガをライフスタイルに取り入れることで,あらゆる困難な局面において道が開かれていきます.どうぞ一度,門を叩いてみて下さい.

あなたのヨガの師は?

ヨギ・バジャン師,木村慧心師

好きな言葉は??

Keep Up!

ヨガの他に興味のあるものは?

武道