CoCo Zhu – 千葉県で活躍するヨガインストラクター INSTRUCTOR

CoCo Zhu

活動エリア

プロフィールPROFILE

中国湖南省出身。1999年来日、国立東京学芸大学院、お茶の水女子大学院人間文化研究科の舞踊行動表現専攻博士前期卒業。 在学中、特別団員として劇団四季に採用され、卒業論文は参考文献として劇団四季に保管され、全国ツアーなど数多くの舞台に出演していた。 日本にて、10年以上にわたるダンス(バレエ・ジャズ)とヨガ指導経験を持ち、各流派のヨガ、ピラティス、ニューヨークバレエなど様々なエクササイズに精通していて、常にトレーニング方法及び食事療法、生理学にも研究している。 2012年9月日本最大規模の横浜ヨガフェスティバルに講師としてデビュ。現在、ダンス、ヨガを指導の傍ら、舞台活動、作品振付も手掛けている。全米ヨガアライアンス認定講師、ニューヨークシティバレエ団ワークアウト(NYCB)講師。

スタイル

インタビューINTERVIEW

ヨガを始めたきっかけは?

ダンサーにとっては、身体が最大な武器であることが過言ではありません。舞台で観る華やかさの裏に、日々地味な稽古があるように、健康かつ美的な身体が維持するのに、正確なトレーニング方法を積み重ねていくと、その答は必ず、体と心に現れてきます。 一方、やはり日々身体を酷使しているため、疲労、怪我などがつけものとなります。様々なエクササイズを経験しているうちに、ヨガと出会いました。

ヨガを始めて何が変わりましたか?

長年ヨガを研修・指導することによって、ヨガって、健康に良いだけではなく、ダンスにもこんなに役に立つこともあるのか?きっと他のスポーツなどの繋がりもあるではないでしょうか?としみじみ実感しているところです。

これからヨガを始める方へ一言。

自分の体は生涯付き合っていくものです。そして、ヨガは男女老少と関係なく、万人のものです。体にいいこと、心にいいことが原点となります。

好きな言葉は??

leave the life to the fullest

ヨガの他に興味のあるものは?

サーフィン、水泳、旅行