川原朋子先生がホワイトボードの隣に立っている様子

こんにちは!ヨガジェネレーションのべーです!
人生初の東京に住み始めて、ようやく2ヶ月が経とうとしています!もともと奈良県の山の中で育った私は、16歳で実家を離れるまで外国人に会ったことがありませんでした。(本当です。)中学校で英語に触れるも、「英語なんて一体いつ使うんだろう…?」と不思議に思っていたくらいです。

しかし!そんな私も、日本の中心・東京に出てきたからには、そうも言っていられません!2020年には東京オリンピックも控えていますし、ここはひとつ英語を上達させよう!と意気込んでいます。

ところで皆さん、ヨガジェネレーションには、川原朋子先生による『英語deヨガ』という素晴らしい講座があることはご存知ですか?川原朋子先生は、一流のヨガ講師であることはもちろん、これまでも多数のヨガ講座の通訳・翻訳経験がある英語のプロです。ヨガで英語学習が出来るなんて!!英語にコンプレックスがある私でも、少しは英語と仲良くなれそうな講座です!

とは言え、『英語deヨガ』には4つのクラスが用意されています。
「え?4つもあるの?私は何を受ければいいの?」という声が聞こえてきそう・・・。そうですよね!そんな方々のために、今日は4つのクラス別に学べること、出来るようになること、英語のレベルについてお届けしたいと思います。これを読めば、貴方も『英語deヨガ』を受けたくなる♪

ヨガで英語との距離を縮めよう!入門ワークショップ

まずは、2017年3月に初開催された、入門ワークショップ。このワークショップでは、まず座学で基本的なヨガの動作や体の部位など、ヨガ英語の初歩的な単語を学び、その後、川原朋子先生による英語と日本語のインストラクションで実際に体を動かしていきます。ヨガを通じて英語と自分との距離を狭める2時間半の講座です。朋子先生の日本語と英語のバイリンガルインストラクションは受講者の方に大人気!「すごい!わかりやすい!」という感想を多くいただきます。英語だけのインストラクションに不安のある方も安心して参加できてとても嬉しいですよね。

いきなり初級コースや中級コースといった全3回連続のコースを受けるのは敷居が高いなと感じる方や、英語に興味はあるけどコンプレックスがある(私のような・笑)もしくは、英語は好きでも少しまだ自信が持てない方は、まず入門ワークショップから挑戦してみるのはいかがでしょう?

英語に触れて、ヨガ英語に慣れる!初級コース

初級コースは週に1回開催される全3回コースです。このコースでは、「聴く力」を養うこと、「語彙(ボキャブラリー)」を増やすことを中心に学んでいきます。基本的なヨガ英語をテーマ別に学んだあとは、実際に英語と日本語を交えたインストラクションでのレッスンに挑戦!週に1回英語に触れることができるので、耳がどんどん英語に慣れていきます。

「1回目と3回目では、インストラクションの聞き取り方が全然違う!」「初日よりずっと理解ができる!」と大人気のコースです。また、朋子先生は1年のうち海外で過ごされている時間も多く、日本とは違うヨガクラスの雰囲気や、文化の違いも熟知しており、さまざまなケースに合わせた英語を教えてくださいます。海外旅行で英語のクラスに挑戦したい人や海外の指導者養成講座を受けてみたい!と思っている方にはとてもおススメです。

基本的な日常会話の英単語はわかるけれど、もっとヨガに特化した英語を学びたい!という方は初級コースから始めてみるのはどうでしょうか?

川原朋子先生のインストラクションで皆でヨガをしている様子

英語ならではの表現を知ろう!ステップアップワークショップ

こちらも、入門ワークショップと同じく2017年3月に初開催されたワークショップ。
入門ワークショップ、初級コースとヨガ英語の単語に慣れてきたら、次は熟語や文章も習得したいですよね!ステップアップワークショップでは、英語のクラスを受ける際に知っておくと便利な表現や文章を教えて頂けます。

いきなり中級コースに飛び込むのは不安だなぁという方、留学経験があって、日常会話には問題ないという方、また入門ワークショップ、初級コースを受けられて、もっと英語とヨガを学びたいという方は、ステップアップコースへ是非お越しください!

ヨガを英語で伝えたい!中級コース

さあ、いよいよ中級コースでは、インプットだけでなくアウトプットの練習を重ね、「実際に自分も英語でインストラクションが出来るように!」を目標に学んでいきます。これから英語でインストラクションできるようになりたい!これから外国人の観光客に教える機会がある!また、海外の先生とお話して、自分の気持ちを伝えたり、分からないことを質問したりしたい!という方にはぴったり。すぐに使える英語でのヨガの慣用表現を学び、自分が先生役になって指導の練習もできるコースです。

ただ講義を聞くだけでなく、実際に参加している仲間と一緒に英語でコミュニケーションをとりながら練習ができるので、リテイク(繰り返し受講される方)が多いのもこのクラスの特徴のひとつです。「英語は使わないと忘れてしまう!」ってよく聞きますよね。せっかく学んだヨガ英語、忘れてしまわないためにも、繰り返し受講して頭と体にしみ込ませて頂くのも大歓迎です!

英語での日常会話はある程度できるけれど、英語でヨガを教えるのはまだ自信がない…。もっと、英語でヨガを伝えるスキルを上げたい!という方は中級コースへ!

英語deヨガの講座で生徒さんの前でお話している朋子先生

いかがでしたでしょうか?皆さん4つのコースの違いがわかったところで、もうご予約の準備はお済ですね?(笑)

『英語deヨガ』は、どのクラスからでも受講可能となっていますので、ステップアップワークショップや中級コースから受講して頂いて構いません。
いまや英語は世界共通語。ヨガはサンスクリット語で「つなぐ・結う」という意味がありますが、ヨガも世界共通に親しまれていますね。さらにヨガと英語をつなげて学ぶことによって、皆さんと世界との繋がりが更に深まり、広がることを願っています☆

記事末バナー初級コースは英語でヨガクラスを受けられるようになりたい!という方へ、中級クラスは英語のインストラクションができるようになりたい!という方へ
川原朋子先生による『英語deヨガ』
東京にて2017年9・10月開催中

講座の詳細はコチラ⇒⇒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加