友達

ハート・オブ・ヨガ シニア・ティーチャー
川原朋子による全3回のシリーズ連載!
Part3:「Heart of Yoga:指導者であることは友人であること」

二人のクリシュナムルティ

 
クリシュナムルティ “ヨガの本質”を今に伝える伝統的なハタ・ヨガの手法「ハート・オブ・ヨガ」。それを提唱するわたしの恩師、マーク・ウィットウェルには、複数の敬愛する師がいます。近代ヨガの祖と呼ばれるT.クリシュナマチャリア。その息子であるT.K.V.デシカチャー。そして、急進的な哲学者として知られたU.G.クリシュナムルティ※写真:U.G.クリシュナムルティ
 
クラスの中ではよく「わたしの先生は、かつてよくこう言っていました…」と、マークが直接教えを受けた恩師たちのエピソードが出てきます。どの方も、すでにお亡くなりになっていますが、わたしは、マークから聞く先生たちの話が大好きです。それは、その言葉の一つひとつに、深い愛情と尊敬を感じ、それを受け取っているわたしも、時代を経て、脈々と継承される系譜の中にあることを、しみじみ実感するときでもあるからです。
 
U.G.クリシュナムルティは、有名な宗教哲学者J. クリシュナムルティの元で学んでいた時期があり、この二人のクリシュナムルティは、クリシュナマチャリア、デシカチャー父子と親交があったそうです。マークに大きな影響を与えたこの中の誰か一人が欠けても、ハート・オブ・ヨガは、今のハート・オブ・ヨガにはなりませんでした。それを思えば、ヨガは人から人へ、直に伝わっていくものなのだとよく分かります。
 
 

上下関係ではなく“対等”な関係

 
マーク サンガ クリシュナマチャリアとデシカチャーが、それぞれの生涯を通して伝え続けた「人の数だけヨガがある」という大切なヨガの本質。ハート・オブ・ヨガをハート・オブ・ヨガたらしめているものは、その概念だけではなく、先生と生徒の関係性にも色濃く表れています。それこそが、マークがU.G.クリシュナムルティから学んだことの一つです。※写真:バリでのクラスの後、参加者と談笑するマーク・ウィットウェル氏(著者撮影)
 
U.G.は、「アンチ・グル(Anti-Guru)」として、知られた人物でもありました。カリスマ性がありながら、自身がグル(師)として祭り上げられることを非常に嫌った理由。すべての命の源である神聖な「プルシャ」と、そこから生まれた命である「プラクリティ」。神聖なものから生み出されたものもまた、同じように神聖であるならば、そこには一切の優劣がないはずだという“非二元論的”なヨガ哲学の解釈がそこにはあります。
 
マークはそのU.G.の姿勢に深い感銘を受け、「人から人へと、大切なものが適切に伝わっていくためには、ヒエラルキーがあってはならない」と、いつも語っています。それは、ピラミッド型の権力構造のような上下関係ではなく、あくまで対等な横並びの関係がなければ、それが起こり得ないことを、自らの体験を通して知っているからです。
 
 

指導者であることは“友人”であること

 
プラクリティであるわたしたちも、プルシャと同じように、あるがままで完全で、完璧な存在。そうであるなら、ヨガの指導者がクラスでさせてもらうことは、相手にないものを与えるのではなく、もともとあるものを本人が思い出すお手伝いです。教えるというよりは「分かち合う」ということ。わたしはいつもそう感じています。そして、教える立場にいるようで、誰よりもこちらが教わっていることも明らかです。だからこそ、マークのこの言葉に真実があると分かります。
 

「指導者は、友人以上でも以下でもありません」
“Teacher is no more than a friend nor less than a friend. ”
—Mark Whitwell

 
そして、マーク自身も、常にそうわたしたちに接してくれます。世界に広がるハート・オブ・ヨガ コミュニティの交流の場として、月に一度、オンラインでのサンガ(集い)がありますが、そこでそれぞれの話に耳を傾け、心を込めて言葉を返すマークの姿勢は、まさに友人そのもの。それは、日本の指導者養成講座でのスカイプでも、海外のヨガフェスティバルでのクラスでも変わりません。そこにはいつも真の対話があり、血の通った人間同士の、温かく、力強いつながりがあるのです。
 
 

良い指導者になるための“三つの条件”

 
「良いヨガの先生になるために、必要な条件は三つだけ」。マークはそう話します。それは、自分のためのプラクティスをしていること。自らが良い指導者に恵まれていること。そして、人に対して思いやりがあること。彼の恩師であるクリシュナマチャリアの言葉も、何度でも思い出したい、大切な道標です。
 

「ヨガは商業活動ではありません。地域に根ざした共同体で、人を大切にするということです」
“Yoga is not a commercial activity. It is caring about people in a local community.”
—T. Krishnamacharya

 
「ヨガには縁がない」「敷居が高い」「自分には向いていない」…。そう感じてしまう人が、少しでも減っていくことを願って、わたしたちはこのアプローチを伝えています。命は、ハタ・ヨガそのもの。ヨガと無縁の人など、本来はいないはずです。
 
クリシュナマチャリアは、「呼吸さえできれば、ヨガはできる」と、断言した人でした。つまり、呼吸があれば、そこにはもうヨガがあるということ。その美しくて力強い真実を、これからもフリダヤ(心)からフリダヤへと、分かち合っていきたいと思います。
 
 
>>Part1はこちら Heart of Yoga: 人の数だけヨガがある
>>Part2はこちら Heart of Yoga: 7分間の奇跡

Profile pic+川原 朋子(ハート・オブ・ヨガ シニア・ティーチャー)
リストラティブ・ヨガ/リストラティブ・ヨガ セラピューティック講師、ヨガ専門の通訳・翻訳者としても活躍中。
東日本大震災の復興地にリストラティブ・ヨガの輪を広げるチャリティ”Breathe for Peace(B4P)”を展開するなど、マットを超えたヨガの普及に力を注ぎつつ、ヨガが身近でない場所にヨガを届けることをライフワークとしている。https://www.facebook.com/yoga.with.tomoko

ハートオブヨガの関連講座

J・ブラウン受けられるのは年に2回だけ!
J先生による『ハートオブヨガワークショップ』
開催の度に満員御礼!”やさしい”ヨガの伝道師、J先生の指導を受けるチャンス☆今回は「伝統的なハタヨガの本質とは?」「ヴィンヤサの安心・安全な練習法とは?」の2テーマで開催。
講座の詳細はコチラ⇒⇒

マーク・ウィットウェル一人ひとりに合ったヨガを伝えられる指導者に!
J先生と提唱者マーク・ウィットウェルによる『ハートオブヨガ指導者養成講座<ベーシック>』
ハートオブヨガの愛弟子であるJ先生から学ぶ6日間!ヨガ=私たちの生き方、日々の生活そのもの。ヨガを自分の生活に上手に融合させ、ストレスなくヨガを伝えましょう。
講座の詳細はコチラ⇒⇒

川原朋子まずは気軽にHOYを体験!
HOYシニアティーチャー川原朋子先生による『ハートオブヨガオープンクラス』
自分により合ったヨガを探しているかたにオススメ!ヨガ未経験者も歓迎です。先生のカウントや周りの動きではなく、”自分の呼吸”に合わせて、気持ちよくポーズをとりましょう。
講座の詳細はコチラ⇒⇒

  • このエントリーをはてなブックマークに追加