prenatal turquoise
 

ママがお産にアクティブに、主体的に関われる

 
squat
 
「アクティブ・バース」という言葉を聞いたことがあるでしょうか?アクティブ・バースは妊婦が座位、立位、四つん這いなど自由に体位を変えながら出産をする方法のことです。

仰向けではなく上体を起こして出産をするのは”重力の力”を利用するため。また、そうした体勢をとることでより血液や酸素が子宮と赤ちゃんへ送られやすくなり、スムーズなお産に繋がります。ちなみに水中出産もアクティブ・バースに含まれます。

なおアクティブ・バースを行うためには、体重管理に始まり出産に関する知識を身につけ、しっかりとした事前準備をする必要があります。このため、妊娠・出産の全てのプロセスに対しママがアクティブに、主体的に取り組む姿勢そのものを指す言葉でもあります。
 
 

ママにも赤ちゃんにもやさしい

 
例えばスクワットなど座位のポーズがイメージしやすいと思いますが、体勢を変化させていくと骨盤が開きやすくなるため、赤ちゃんが産道を通りやすくなります。骨盤の向き自体も、仰向けよりも前述した体勢の方が赤ちゃんが出てきやすいのだとか。
 
結果として痛みが軽減され、出産の時間が短くなる他、医療介入のリスクも下がり、何よりママと赤ちゃん双方にとってストレスが少なくやさしいお産となります。
 
 

パートナーがより積極的に関われる

 
baby hand
  
通常の出産ではパートナーができることはなくただ待つだけ・・といった印象があると思います。一方、アクティブ・バースではパートナーも大活躍
 
ママの身体をマッサージしたり、さすったり、後ろからハグして安心させたり、力む時にはママが捕まったり、抱きついたりできるように常にママのそばで懸命に支えます。結果として生まれた時の喜びと赤ちゃんへの愛着がより大きなものになることは容易に想像できるでしょう。
 
 

ママ自身の出産経験に対する幸福感が増す!

 
多くの場合は病院で全ての判断をお医者さんに委ね、指示に従って産みますが、アクティブ・バースを選択することにより、ママもある程度お産において主導権を握ることができます。能動的に関わり緻密な努力を重ねることにより、産前産後期はもちろんのこと、出産経験そのものがより豊かなものに感じられるでしょう。
 
 
日本でもアクティブ・バースを取り入れている病院や助産院がありますが、ご興味のある方はまずはきちんと内容を調べ、自分に合っているかどうかなども調べると良いでしょう。
 
ヨガジェネレーションで開催している「マタニティヨガ指導者養成講座」はアクティブ・バースにも詳しい海外のヨガ講師が指導するため、海外のお産事情を通して「あらゆる選択肢があること」を知れるのが強み。
 
なお、同講座の最推奨テキスト「ニュー・アクティブ・バース」はアクティブ・バースを広めた存在の一人として知られるジャネット・バラスカスによるものです。ぜひチェックしてみてください!

<参照元>
アクティブ・バース・センター公式サイト (センター設立者:ジャネット・バラスカス)*英語のみ
記事:Active Birth – 8 Big Benefits For Mother and Baby (オーストラリア発のマタニティ情報サイトbellybellyより)

『マタニティヨガ指導者養成講座』まずはマタニティヨガを学びたい方に!
『マタニティヨガ指導者養成講座』
東京・大阪にて開催!

※本講座は全米ヨガアライアンス認定マタニティ資格RPYT85の時間に含まれます。
講座の詳細はコチラ⇒⇒

産後ヨガ 指導者養成講座さらに産後ヨガも学びたい方へ!
『産後ヨガ指導者養成講座』
東京限定開催!

※本講座は全米ヨガアライアンス認定マタニティ資格RPYT85の時間に含まれます。
講座の詳細はコチラ⇒⇒

『産前・産後ヨガ指導者養成講座<実践編>』ブリスベイビーファン待望の新講座!
『産前・産後ヨガ指導者養成講座<実践編>』
東京限定開催(2017年11月予定)!

※本講座は全米ヨガアライアンス認定マタニティ資格RPYT85の時間に含まれます。
講座の詳細はコチラ⇒⇒


  • このエントリーをはてなブックマークに追加