生徒さんが「クラスに飽きていないか?」と不安に思うヨガの先生へ

こんにちは、ヨガジェネレーションスタッフkayaです。

ここ、ヨガジェネレーションで働いていると、毎日多くのヨガインストラクターさん、ヨガインストラクターを目指すかたがスタジオにいらっしゃいます。

お話をしていると、みんなそれぞれに多くの悩みを抱えていることがわかります。今日はその悩みの中で1つ、

「クラスがいつも同じようなことの繰り返しになってしまうので、生徒さんは飽きてしまうのではないか?」

という不安との戦いについて、私の経験からご紹介したいお話があります。良かったら少し読んで行ってください。

同じことの繰り返しに生徒さんは飽きてしまうのか?

今から4年ほど前、私とある先生とで新しい企画を立ち上げようとしていました。それは「朝に続けて1週間ヨガをしたもらう企画」。これだけならどこにでもありそうな企画ですが、この企画のポイントは「毎月開催すること」。

「毎月1週間でも、毎月続けてもらうことにこそ意味がある」そう考えた企画者からの提案であり、担当の先生にも毎月開催を「面白そうと思って欲しい!」と考えた上での提案でした。

当初この企画に乗り気だった先生ですが「毎月やりたいんです」という話をすると渋い顔をされ、すぐにOKをいただくことができず「少し考えたい」との返事でした。

何がダメなのかがわからず「会って話しがしたい」と言い時間をもらい話をしていると、思いがけないことを言われました。

「毎月同じことをやって、来てくれる生徒さんに満足してもらえるのかわからなくて不安。もちろん私も一生懸命やるし、勉強するし、成長したいけれど、1ヵ月や2ヵ月、そんな数ヶ月で新しいものを提供できるようになるわけではないから…飽きられてしまうんじゃないかと不安がある。」

と。
 
 

最も回数が多く、リピーター最多の企画になりました

HOY集合写真

結果、先生と話し合い、「毎月開催」で始めることができましたが、今、その企画はヨガジェネレーションで回数もリピーター数も最多の企画になりました。

2012年の開催当初から毎月開催し続け、現時点で既に4年×12回+2016年も絶賛開催中のため、合計50回以上の開催をしています。それでもまだ毎月10人以上の参加があり、リピーターが最も多い企画でもあります。

もちろん毎回のフィードバックを受けながら企画を改善していますが、講師も変わらないで毎月開催しながらここまで集客できている企画はなかなかないと思います。
 
 

同じことを続けながらも生徒さんが集まる理由

佐久間涼子クラス風景よくヨガインストラクターさんで「飽きられないようにより新しい知識を!」と新しいヨガや新しいスキルを身に着けることに尽力されているかたもいらっしゃいますが、改めてお伝えしたいことがあります。

もちろん、自身の学びを広げ深めることは大切なことです。学びをやめた先生のもとに「受けに行きたい」と思う生徒さんは少ないと思います。

でも、新しいスキルやヨガを身につけるよりも、集客やクラス作りに関して言うならば、最も大切なことはそこではありません。では何がもっとも大切なのか?

4年以上、同じことを続けながらもまだ生徒さんが集まる理由、それを知っているのは、それを続けてきた講師本人だけです。

4年前に感じた「飽きられるのが怖い」「みんなに満足してもらえているのかわからない」そんな不安と向き合い、どう学び成長し、どう生徒さんとの向き合い接し、クラスを作ってきたのか。

それを学べるのが佐久間涼子先生による「ヨガインストラクターとして大切なこと」講座。いよいよ2016年8月開催です。

ヨガインストラクターとして大切なこと集客で困っている、「もっと生徒さんを増やしたい!」というかたへ
佐久間涼子による『ヨガインストラクターとして大切なこと』
好評につき東京追加開催に加え、大阪でも初開催が決定!

ヨガインストラクターとして活動を始めた方に伝えたい
人気ヨガインストラクターが明かす!人が集まるクラス作りの秘訣
講座の詳細はコチラ⇒⇒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加