「また、自分に恋をする」|ヨガ指導者としての在り方を変える名言3つ

ヨガインストラクター、ヨガ指導者のみなさま。
ヨガを指導する上で何を大切にしていますか?

ヨガジェネレーションでかつてヨガセラピー集中講座を担当し、現在シニアヨガ指導者養成講座を担当してくださっているマリア先生が「ヨガ指導者としての在り方」について、とても素敵なことを言われていたので、インストラクター、指導者のみなさまに3つご紹介したいと思います。

あなたはの肩書きは何ですか?ヨガインストラクター?それとも…?

私は、心と体の関係性を築くカウンセラー

私は私自身のことを心と体の関係性を築くカウンセラーだと思っています。ヨガを受けにくる生徒のほとんどは心と体が離ればなれになっています。心と体が離れていると、当たり前のように知っていた楽しみ方や自信のつけかたなども忘れてしまうのです。彼らの体は疲れきっていて、そして痛がっているのも、彼ら自身と体を別々に考えているからなのです。わたしのクラスでは自身の体に耳を傾けることで楽しみを見つける方法を探ることができるのです。

ヨガインストラクターというお仕事を通して何がしたいですか?

自分で自分のことを「ヨガインストラクター」だと思っていると「ただのヨガを伝える人」に留まってしまいます。でも、例えば「心と体の関係性を築くカウンセラー」など、ほかの肩書きを持つことで、ヨガをどんな風に伝えたいか、何を届けたいか、どんな人に生徒さんになって欲しいかが変わってきます。

マリア先生は「心と体の関係性を築くカウンセラー」と名乗っていますが、みなさまはどんなヨガインストラクターでありたいですか?
 
 

大切なのは生徒さんに理解してもらい、日常生活に活かしてもらうこと

日常生活をさらに良くしたい

わたしは正しいヨガのポーズを教えるのではなく、生徒に人間の体の仕組みについて理解してもらうことを大切にしています。

健康な身体の常態がどういったものかを理解することで、体を痛めることなくヨガのポーズを無理なく練習することが出来ます。怪我を事前に防ぐということは年々、年を重ねていく私たちにとってとても大切なことです。

わたしが教えているポーズは日常で生活する上で必要な物事とリンクさせています。例えば、木のポーズをするときには靴下と靴を着用したり、ウトゥカターサナ のポーズを練習するときにはイスから力強く立ち上がったり、 ウッターナ・アーサナのポーズでは背中ではなく足を使うことで、正しく前屈できるように工夫したりしています。

わたしは生徒に個々の練習方法の見直し方を教え、色々なポーズから個々の生徒にあった最適なポーズを選びます。そうすることで身体をコントロールできるようになり、そこから自身につながり、心は穏やかに、そしてリラックスした常態にもっていくことができます。ただ正しいポーズを教えるだけでは伝えることができない自分の肉体や健康について、生徒1人1人が深く知ることができるきっかけとなるのがわたしのヨガです。

ヨガを楽しむためにヨガをする」もちろんこれも有りです。でも、身体が硬いかた、身体に不調を抱えているかた、シニアにとっては、悩みを改善し日常生活をよりよくすることが大切なこと。だからこそ、マリア先生は「日常生活に活かせるヨガ」であることを大切にされています。

日常生活に取り入れるためには、
・自分で繰り返しできる
・効果的である
といった点が必要になります。

そのためには、ポーズやシークエンスを覚えてもらうだけでは不十分。自分の身体の仕組みに対する理解を深め、「なぜこの動きが必要なのか、有効なのか」を理解してもらうことが必要です。
 
 

自分を大切に想う気持ちを持ってもらうこと

また、自分に恋をする

セッションが終ると、私たちは恋におちます。楽しいというのはもちろんですが、自身の体への信頼や尊敬の気持ちを思い出します。ひとつひとつの呼吸が恋におちるような感覚で、さらにバケーション気分のような幸せな気分になります。

ヨガの魅力の1つにリラックスできること、ストレス解消できることといった心にも効果があることはヨガインストラクターならご存知なはず。そんな気持ちが生まれるのは、自分の心に優しくなれた時、「自分のことを大切にしてあげたい」と思った時ではないですか?

それを「恋に落ちる」と表現されているところがステキだなと思いました。
 
 
みなさんは、自分のクラスに来た生徒さんにどんな風にヨガと向き合って欲しいですか?
どんなヨガの魅力を伝えて行きたいですか?

また、自分に恋をする

ヨガを通して、生徒さんにそんな風に感じてもらえたらステキですね。

今回これらの言葉を教えてくださったマリア先生はシニアヨガ指導者養成講座を担当されています。

maria-recentシニア向けヨガの指導方法を学びたい!というかたへ
マリア・カースティン先生による
『シニアヨガ指導者養成講座』

東京にて開催中!

ヨガセラピー講座でも大人気のマリア・カースティン先生を迎え3日間のシニアヨガ指導者養成講座を開催します。シニア向けヨガクラスの中でシニアのかたの悩みや体の変化に至るまで、”シニア”世代についての理解も深められます。
講座の詳細はコチラ⇒⇒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加