ヨガ業界の真実近年、ヨガの指導者養成講座は多数存在します。「ヨガインストラクターで溢れていて仕事がないのでは?」という不安な声を聞くこともよくあります。

では「本当にヨガインストラクターとして仕事がないのか?」と言われれば決してそんなことはなく、有名無名に限らず、どこに行っても「クラスを持って欲しい」と言われる人気ヨガインストラクターさんもいらっしゃいます。

仕事を見つけることのできるインストラクターさんとなかなか見つけられないインストラクターさんとでは何が違うのか。知っていると役立つ真実とその対策についてご紹介します。

真実1:ヨガの知識&指導力はあって当たり前!必要なのは集客力

指導者養成講座を卒業してまず最初に悩むのは「どうやってヨガクラスを持つのか」だと思います。でもスタジオやスポーツクラブで探しても「そもそも求人がない」「落とされる」といった声も多数。

では、スタジオやスポーツクラブが採用する時の基準はどこにあるのでしょう?

スタジオが採用したいのは自ら動けるヨガインストラクター

「どんな人と一緒に働きたいですか?」の問いに、スタジオのオーナーさんはこう語っています。

一緒に集客をしてくえるインストラクターさん。所属していればスタジオが集客してくれると思っているかたには任せられない。

自分が何を伝えたいのかわかっていないヨガインストラクターさんだと、その子を採用する理由が見つからない。”私はコレを伝えたい”という想いがある人のほうが生徒さんも付いて行きたいと思いリピーターにつながる。

ヨガを指導するという立場において、ベテラン、新米というのは生徒さんには関係ありません。ヨガの知識&指導力はあって当たり前。スタジオで求められるのは、集客できる、生徒さんにファンになってもらえる力のあるヨガインストラクターさんです。

対策1:「ヨガを伝える」スキルはあって当たり前!「また会いたい」と思ってもらえる人になる、「また行きたい」と思える場所を作れる人になるよう意識を持つ

 
 

真実2:講座を卒業しただけでは一般のかたへの対応力が不十分

講座では様々な知識や指導法を学び、参加者同士でヨガのデモクラスをおこない指導の練習を重ねていくことと思います。

ヨガ指導者養成講座内での指導練習には欠点がある!

でも、実際に卒業して一般のかたを対象にヨガクラスを一度開催すると必ず気づきます。「あれ?みんな、こんなにも動けないの?」と。

講座内での指導練習にはこんな欠点があります。

・アサナの名前でポーズが伝わるので指導力が磨かれない
・流れがわかっているのでインストラクションが未熟でも伝わる

このように指導力を養うには講座に参加している仲間を対象に練習するだけでは不十分です。

講座卒業後に気づく、指導力、対応力の不足

養成講座を卒業して外に出てみれば、下記のようなかたばかりなことに気づきます。

・ヨガを全くしたことのないかた
・身体が硬いかた
・運動不足のかた
・身体に不調を抱えているかた

こういったかたの場合、例え先生が的確にインストラクションをしていても身体の動かし方に慣れておらず、動けないかたのほうが圧倒的に多いのが現実です。そのため

指導者養成講座を卒業したばかりだと、身体が硬い人や運動不足の一般の人に対応できない人が多過ぎる

と語るスタジオオーナーさんもいらっしゃいます。

対策2:身体が硬い人、運動不足の人、身体に不調を抱えている人にも対応できる知識や指導力を身に付けておく

 
 

真実3:ヨガ業界で生徒さんを見つけることは難しい

ヨガの先生になって「スタジオ所属のインストラクターになる」「既にヨガを楽しんでいる人に生徒さんになって欲しい」というのは実はとても難しいこと。

なぜなら既にヨガをしているかたの中には長年ヨガを続けており、新米ヨガインストラクターさんよりも知識も経験も豊富な場合があります。そういったかたの場合、既にお気に入りのヨガインストラクターがいることも多いので、「これからヨガインストラクターになります」という先生に対して「あなたから学びたい!」と思う可能性は低いものです。

新米インストラクターさんに気づいて欲しいのは、既にヨガをやっている人を生徒さんにするのではなく、まだヨガがリーチしていない層に向けてヨガを伝える方がファンになってもらいやすく分母が大きいということ。

対策3:まだヨガを始めていない人、ヨガがリーチしていない層にヨガを届ける先生になる

 
 

この3つに対応できる力を養えるのがシニアヨガ指導者養成講座

ご紹介した3つの対策、これに対応できる力を養えるのがシニアヨガ指導者養成講座ですが、なぜシニアヨガ指導者養成講座が3つの対策に適しているのかご紹介します。
 
 
対策1:「また会いたい」と思ってもらえる人になる、「また行きたい」と思える場所を作れる人になる

オススメ理由1:シニアヨガの目的は「シニアの自立をサポートすること」であるため「何度もヨガクラスに足を運んでもらい積極的に外に出てもらうこと」を大切にしています。シニアヨガクラスを開催する上での心構えなどを学ぶことで、みんなが集まる場を作るスキルを学ぶことができます。

対策2:身体が硬い人、運動不足の人、身体に不調を抱えている人にも対応できる

オススメ理由2:シニアにヨガを教えられるスキルや指導力があれば、身体が硬い人や本当に運動不足の人にも安心して指導することができます。

対策3:まだヨガを始めていない人、ヨガがリーチしていない層にヨガを届ける

オススメ理由3:2007年から日本は超高齢社会にはいっており4人に1人が65歳以上のシニア層です。最近ではアクティブシニアと呼ばれる健康や趣味などの消費に積極的なシニアが増えてきています。そういった方々の健康をサポートするためにヨガは大きな力になれます。事実、スポーツクラブでもシニア層の会員さんが増えており、シニアに対応できるインストラクターであることは今後必須になっていくかもしれません。
 
 
3日間になって受けやすくなったシニアヨガ指導者養成講座で必要スキルを学んでおきませんか?

シニアヨガ指導者養成講座 3日間これからの時代に活躍できるヨガインストラクターでありたいかたへ
マリア・カースティン先生による『シニアヨガ指導者養成講座 3日間』東京にて開催!
「60〜90分のシニアヨガレッスン」を開催いただくために必要な知識&指導法を抜き出し、3日間にギュッと凝縮。
講座の詳細はコチラ⇒⇒
  • このエントリーをはてなブックマークに追加