おからレンコン団子で滋味スープ
こんにちは、『ゆるベジレシピ』misakoです。今週のレンコン活用ゆるベジレシピはスープです。レンコンをカットする・擦りおろすのふた手間で、食感が楽しくカラダにもココロにも優しいスープです。おからを加えてボリューム感満点、腹持ち良く快適なお通じにも嬉しい一品です。

少しずつ冷えてくる今の時期にぴったりのスープで心身のバランスを調えていきましょう♪

おからレンコン団子で滋味スープ

木製カットボードの上のレンコンやおからなどの材料

材料

レンコン(半分は擦りおろし、残りの半分は7〜8ミリ角切り)
※長ネギ(粗いみじん切り、青い部分は薄切りにして飾り用として残しておく)
※ショウガ(擦りおろす)
※おから
※炊いたごはん(出来れば玄米)
※片栗粉
※味噌
干し椎茸
ゴマ油
醤油
お好みの薬味(七味唐辛子、山椒など)

作ってみよう

干し椎茸を水で戻す

1. 干し椎茸はお湯(分量外)につけて上から重石(小皿など)をし戻す。戻したらカサと軸を切り離し、カサは薄切り、軸はみじん切りにする。


みじん切りにした材料を混ぜて団子の準備をする

2. 干し椎茸を戻している間にお団子の素材を準備する。ボウルにすりおろしたレンコンと※を入れ、みじん切りにした干し椎茸の軸を加える。

3. ごはんの粒を潰すようにしながら、擂り粉木などで滑らかに混ぜ合わせ、角切りのレンコンを加えて手でよく捏ね混ぜ合わせ、ゴルフボール位の大きさのお団子に丸める。


オイルをひいたフライパンでレンコン団子に焼き色をつける

4. フライパンにゴマ油を強火で熱し、3のお団子を入れて表面を強火で焼き付ける。途中弱火にし、中まで火を通し、取り出す。

5. 4のフライパンに椎茸の戻し汁とスライスした椎茸、追加の水(分量外)を加えて煮立たせ、醤油を加えて好みの塩加減にする。

6. 器に4の団子を盛り付けて5のスープを注ぎ、長ネギの薄切りを添える。好みで七味唐辛子や山椒を添える。


※お団子は煮立たせると崩れやすいので、器に先に入れてから、出汁をお椀に注ぎます。

※お団子は4の焼く段階までまとめて作っておき、冷凍保存出来ます。そうすればいつでも食べたい時に食べられますね!食べる時は自然解凍がオススメです。


ココロとカラダに優しい味わい

優しい味わいの穏やかな風味は、季節の移り変わりで疲れやすい時期にぴったり。木の器でリラックス。

木製の器に盛りつけたおからレンコン団子で滋味スープ

シンプルな白い器から

白い器に盛りつけたおからレンコン団子で滋味スープ

少し影を加えてグレーに。

グレーの器に盛りつけたおからレンコン団子で滋味スープ

そしてさらに影が強くなって、黒。

黒い器に盛りつけたおからレンコン団子で滋味スープ

移りゆく季節を、滋味な味わいのスープでじっくり楽しんでいきましょう。
 
 
yuruvege
 

misakoゆるベジ食主宰 Misako

自身の病をきっかけにyogaや様々な食のスタイルと出会い、現在はyogaと『”ゆるベジ”レシピ』(野菜を中心にお肉もお魚も有り難く頂く、五感で楽しむ食スタイル)を広める活動をしている。

心地良く生きていくためには、まずは自分自身を心地良くさせてあげること。どんな時にも自分自身に優しく。ココロから自分が求めていることを感じ、選び、行動出来るように。優しくされる心地良さを、まずは自分自身が感じることで、初めて自分以外の相手に優しく出来る。

yogaと『”ゆるベジ”レシピ』は、そんな『心地良さ』の正しい選択肢を見極めるツールであると考えている。

■→ yoga&”ゆるベジ”レシピでハッピー・ライフ!
■→ instagram

  • このエントリーをはてなブックマークに追加