kouso-tittle.jpg

酵素ってなーに?

●生きるために絶対に必要なもの

グリースムージーや生野菜は酵素がたっぷり、発酵食品には酵素がたくさん含まれていて、体にいい食べ物♪ というのはよく耳にする言葉。ではなぜ、酵素が体に良いといわれているのか知っていますか?

酵素は消化吸収だけでなく、息をしたり、筋肉を動かしたり、すべての生命活動に関連しています。酵素の働きがなければ生きることができないため、生命活動の主役といえます。

酵素の構造を簡単にいうと、ミネラルの周りにタンパク質が巻き付いたもの。材料がタンパク質なので熱に弱いのです。このことが生野菜やグリーンスムージーから、酵素がたくさん摂れるといわれるゆえんです。中心になるミネラルの種類や、タンパク質の巻き付き方によって、約3000種の酵素があるといわれ、今でも続々と新しい酵素が発見されています。

kouso-1.jpg●酵素の量は決まっている?

これほど多くの種類があることには理由があります。それぞれの酵素は、それぞれひとつの仕事しかできません。

デンプンを分解する酵素はデンプンだけを、タンパク質を分解するものタンパク質だけを分解し、それぞれ別のものは分解できないのです。

すべての酵素をバランスよく体内に持っていることが重要になります。

これまでは酵素の原料であるタンパク質を摂っていれば、酵素は無尽蔵に作られると考えられていたので、栄養学の中ではそれほど重要視されていませんでした。

ところが酵素をつくる能力は遺伝子によって決まっていて、限界があることがわかってきました。その人が固有に持っている、一生のうちで作れる一定量の酵素のことを潜在酵素といいます。

体内で作られる潜在酵素は、大きく分けると消化酵素と代謝酵素の二つがあります。

消化酵素は文字通り消化のための酵素で、私たちが毎日食べるご飯や野菜などの食べ物を消化分解し、吸収するための酵素です。

一方、代謝酵素の働きは、新陳代謝や、毒素を汗や尿などへ排出したり、自然治癒力や免疫力を高めたりします。

●食べ物で酵素不足を補う

食べ過ぎや、病気や加齢などで酵素をつくる力が弱くなっている人では、酵素を作るのが追いつかなくなります。酵素が不足している状態で食べ続けると、体内で作られる潜在酵素が消化するために回されてしまいます。

kouso-3.jpgすると今度は代謝酵素が足りなくなっていきます。本人は栄養を摂っているつもりで食べても、体の中では重荷となってしまっているのです。

酵素が不足すると様々なものが分解されなくなり、老廃物がどんどん体の中にたまります。

これが血液をドロドロにしたり、便秘や肌荒れになったり、慢性的な疲れや生活習慣病の原因となったりします。

病気になって食欲がなくなるのも、ひとつの自然治癒力といえます。そんな時には消化しやすい、酵素がたくさん入った物を食べるようにするとよいのです。

酵素不足にならないためには、体の外にある酵素を上手に利用していきます。それらが食物酵素です。

新鮮な生の食べ物には多くの酵素が含まれています。生の肉や魚、生野菜、果物…みんな酵素が入っています。

日本にあるみそ、納豆、糠付けなどの多くの発酵食品にも、酵素が豊富に含まれています。

こうしたものを加熱された食品と一緒に食べることで消化を助け、消化酵素に回される潜在酵素を減らし、免疫や新陳代謝を高めている代謝酵素に、より多くの体内酵素を利用することで、健康を維持できます。

●健康と若さのために♪

健康のためにと食べた野菜などに多く含まれた、大切なビタミンやミネラルなども、酵素がなければ身体の中で十分に働けません。酵素あってのビタミン・ミネラルです。同時に、ビタミン・ミネラルは、この酵素の働きを助けるという意味で「補酵素」ともいわれています。ビタミン・ミネラル豊富な生野菜や果物をたくさん食べることを勧められるのは、このためです。

kouso-2.jpgさぁ、今日も朝からグリーンスムージーを飲んだり、果物を食べたり♪

加熱されていない新鮮な野菜や果物、日本に豊富な発酵食品をたくさん食べて、今日もたくさんの酵素を体に補ってあげましょう。

酵素を上手に使って、体の中からきれいに、健康になっていきましょうね♪

‐Mikako.h

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加