kenji-tittle-new.jpg

「一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ」

●宮沢賢治の心

「雨ニモマケズ」を知っていますか。

東日本大震災のあと、香港での被災者支援チャリティーコンサートのテーマソングとして使われたり、俳優・渡辺謙が朗読したりと、被災地の方々の地震はもちろん、そこから起こった数々の出来ごとに負けない実直な姿と重ねられ、この一年間、耳にした方も多かったのではないでしょうか。

小さな黒い手帳に書かれていた、この美しく憂いを帯びた一文は『銀河鉄道の夜』で有名な宮沢賢治の遺作。

生前この手帳があることは誰にも知られず、没後、弟さんによってトランクの中から発見されました。賢治が残したいくつかの手帳は、作品として書いたものではなく、その時の心情や考えを書きとめたものが多く、その当時の反省や願望が書かれているようです。

「雨ニモマケズ」もやはり最後は「サウイフモノニ ワタシハナリタイ」と締めくくられています。

一時期菜食主義でもあった賢治、この文中にも「一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ」と食事についての記載が。現代でもダイエットやマクロビなどで、にわかに注目を浴びている玄米と味噌の生活。さて、賢治も憧れたこの食生活、「雨ニモマケズ」バージョンで考えてみましょう。

kenji-1.jpg●栄養バランスは大丈夫?

まず目を引くのが、1日にひとり玄米4合という量!

しかしこの文の書かれた第二次世界大戦前の日本の食生活は、主食が麦飯や玄米。副食が味噌汁で、昼食夕食に肉や魚など少量のおかずが一品つく以外は、漬物などで大量の米を食べる状態でした。

この場合、一般に1日ひとり6合以上は食べないと、いわゆる肉体労働に必要なカロリーを摂取できず、1日玄米4合は、粗食の比喩であると考えるべきだそう。

次に味噌。これは副食である味噌汁を指しているものでしょう。味噌自体は発酵食品としてとても優秀な食材。
栄養豊富でバランスもよく、玄米と一緒に摂ると、効率良くビタミンやミネラルなどをお互い補い合う形になるそう。

賢治が岩手生まれであることを考えれば、おそらく味噌の中でも栄養豊富な赤味噌だったかもしれませんね。

玄米と味噌のふたつから考えると、エネルギー源としての炭水化物は十分ですが、ミネラルやビタミン、脂質やタンパク質に関しては不十分。これらをこのふたつから摂るとしたら、かなりの量の味噌汁になります。

もしも一日中肉体労働をしているなら、不足しがちな塩分も補え、同時に栄養バランスも良くなるかもしれませんが、そうでない場合、かなりの塩分過多の危険があります。

最後の「少シノ野菜」。玄米や味噌に含まれるとはいえ、もっとも不足するものがタンパク質。

タンパク質の多い緑黄色野菜や枝豆、空豆などの豆類を食べることを考えたら、バランスがとれてくるかもしれません。しかし、それ以外にもビタミンやミネラル、必須アミノ酸など、必要不可欠な栄養素のことを考えたら…。どうやら「少シノ野菜」では難しそう。

●どんな食生活でもバランス良く

宮沢賢治は仏教信仰をきっかけに菜食生活を始め、ストイックに5年間ほど続けた後、再びもとの食生活に戻りました。しかし気持ちの中では肉食をネガティブにとらえており、現・岩手大学農学部を卒業し、農学校の教師を退職した後の独居自炊時代は、菜食主義を研究し、粗食をしていたそうです。

kenji-3.jpg

実は宮沢賢治の研究者の中には、賢治の早世の原因のひとつに食生活をあげている人もいます。当時の平均寿命は50歳ほど。賢治は37歳で亡くなっています。

医療体制や衛生面が整っていなかったことも要因のひとつでしたが、日本のかつての食事は栄養バランスが悪く、決して健康的ではありませんでした。

賢治憧れの食生活「一日ニ玄米四合ト味噌ト少シノ野菜ヲタベ」。

かなりヘルシーで、それなりにバランスのいい食事といえるかもしれません。しかし今現在うたわれている理想的な日本の食生活とは、単にかつての食事ではなく、日本食のベースをふまえた上でバランスの取れた食事のこと。

どうやらこのワンフレーズ「質素倹約に努めて」と受け取った方がよさそう。やはり食事は、無理せず、楽しく美味しく。自分と家族にベストな栄養バランスを考えてみてくださいね。

‐Mikako.h

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加