food120715_top.jpg

NEPALICO|東京・渋谷

渋谷の喧騒のすぐ裏側で、しっとりと美味しいネパール料理を楽しめるのが
DALBHAT&CAFE NEPALICOです。

food120715_04.jpg

福を呼ぶ・・・と言われることもあるフクロウのお出迎えを受け、
店内に入るとすぐの本棚には、旅雑誌が。
日々の忙しさを忘れて、世界にタイムトリップするかのような不思議な感覚を体験できるでしょう。

food120715_05.jpg

DALBHAT(ダルバート)とは、ネパールの代表的な家庭料理で、
ダルという豆スープと、バートというご飯、そしてタルカリと呼ばれる野菜などのおかずと、
漬物(アチャール)が添えられてセットになった、
日本食で言うところのワンプレート定食のようなもの。
スパイスはきつすぎず、むしろ優しく口元から胃まで旨みを響かせてくれます。

ランチセットはサラダとチャイがついて850円から。
ご飯は大盛りも選べて、ダルはおかわりもできる、お財布にも優しいところも魅力です。

肉の入ったダルバートもありますが、やはり野菜中心のベジダルバートを選んでみました。
ネパール本国でも、まだ肉は貴重なものとされているので、野菜中心の食事が主だそうです。
心と体のために食事にも気づかう、わたしたちヨギー&ヨギーニにとっては
ネパール料理はとっても嬉しいメニューです。

food120715_01.jpg

左に見えるオレンジのペーストは、少し辛みのきいたソース。
お好みで、こちらもからめて食べると、また違う味に出会えて食が進みます。

ダルバートは、すべて混ぜていただきます。

food120715_06.jpg

旬のナスや、ししとう、じゃがいもがごろごろ入ったタルカリの深い旨みが
とろとろのダルと絶妙にマッチして、さらっとした食感が特徴のバスマティ米とうまく絡んで
頬が落ちそうなほど満足な美味しさ。

ランチセットについてくる食後のチャイは、冷たいチャイとホットチャイから選べます。
手のひらサイズのかわいいグラスも和みます。

food120715_02.jpg

路地裏にあるこのお店の目印は、このネパールの国旗!
迷うことなく、東京の中心でネパールを訪れることができますよ。

food120715_03.jpg

NEPALICO

東京都渋谷区桜ケ丘町30-18 メイサ南平台101
電話03-6416-1827
ランチ:11:30~15:00
ディナー:18:00~23:00(LO. 22:30)
定休日:日曜・祝日

  • このエントリーをはてなブックマークに追加