food120628_top.jpg食事が変わればカラダも変わる!(Vol.4)

人生は、なかなか自分の思い通りにならないことも多いですね。
食事の仕方についても、同じです。

人づきあい、まわりの環境などによって、思うように食事に気をつかうことができず
結局、またもとの食生活に戻ってしまったりと・・・

それでも諦めず、また少しずつ食事を変えていく意識だけでもキープできれば
きっと心も体も無理することなく健康的な体型の維持に近づくことができるでしょう。

今回は最終回となる19~24までをご紹介。
まわりの食習慣に流されそうな時にも役立つようなヒントもありますよ!

●参考:『WebMD


食事が変わればカラダも変わる!(Vol.1)はコチラ>>

食事が変わればカラダも変わる!(Vol.2)はコチラ>>

食事が変わればカラダも変わる!(Vol.3)はコチラ>>

19:腹八分の食事

みなさんは、どのタイミングで1回の食事を終わらせますか?満腹感を頭が感じるまで?お腹がくれるのが目安?
参考までに、沖縄に住む人々は、お腹が八分目で満たされたら食事を終わらせるようにしているとのこと。
なかなか「腹八分」の感覚は見つけにくいかもしれませんが、もともとの盛りつける量を20%少なめにすると、
わかりやすく、実践しやすいですね!

20:外食でも自分の食事方法をキープする

外食は、高カロリーを摂取してしまいがちです。そこでも自分の食事方法を維持させるためには、
まず前菜でサラダを摂り、小皿料理をオーダーし、メインディッシュのお肉やお魚は少な目にし、
さらに友達をシェアするなど工夫することで、外食でも適切なカロリーのバランスをキープすることが可能になります。

21:赤い色味のソース料理を選ぶ

クリームソースのパスタではなく、赤いトマトソースを選び、適量を食べましょう。
トマトベースのソースはカロリーや脂肪量も、クリームソースに比べて低めになっています。

22:肉の代わりに豆を使った献立を増やす

肉類を減らし、豆類を多く摂るようにしましょう。
豆類を使用した料理には繊維質が豊富に含まれており、繊維質を摂ることで、
より少ないカロリー量の食事でも満足できるようになります。

food120628_01.jpg23:さらに100キロカロリー燃やす

一日で、いつもよりもう100キロカロリーの運動を追加し、エネルギーを燃焼させれば、
無理な食事制限をすることなく、体重の維持が可能になります。
100キロカロリーの運動には、下記のような簡単な方法でOKです。
・1.5km、約20分歩く。
・20分ほど、雑草抜きをする。
・20分ほど、芝生を刈る。
・30分ほど、家の掃除をする。
・10分ほど、ジョギングを楽しむ。

24:頑張った自分をほめてあげる
これまでの自分の悪しき食習慣を変化させ、一日を気持ちよく過ごすことができたら、自分を褒めてあげて下さい。
友達に電話をしたり、自分を綺麗にメンテナンスしたり、新しい洋服を買ったり、
様々な方法で自分にご褒美をあげましょう!このご褒美が、また明日からの健康維持の活力になります!

これらが24の法則のすべてです。
まずは自分の生活に取り入れられそうなものからひとつづつ取り組み、習慣にし、また次のステップへ。
この小さな積み重ねが、後に大きな変化をもたらすことでしょう。
心も体もスリムになった自分を思い描いて、理想の健康を手に入れましょう!!

(このページの画像はすべて『WebMD』 よりスクリーンショットしました)

食事が変わればカラダも変わる!(Vol.1)はコチラ>>

食事が変わればカラダも変わる!(Vol.2)はコチラ>>

食事が変わればカラダも変わる!(Vol.3)はコチラ>>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加