food120619_02.jpg食事が変わればカラダも変わる!(Vol.1)

ヨガを始めるきっかけとして、女性に(男性にも?)多いのが
気になる体重をすっきりさせたい。
カラダのラインをすっきりさせたい。
そんな理由をよく耳にします。

どうしても痩せない・・・
そんな悩みを抱える人ほど、食べることが好きで、無意識のうちに食べ過ぎてしまい
運動はあまりしていない、ということも考えられますね。

食事は、わたしたちの生活とは切り離せないほど大事なもの。
少しの工夫で、体重の増加や体の変化を抑えることができると、
アメリカの健康情報サイトが提唱しています。

今回は4回に分けて、そのヒントをご紹介しましょう。

精神的にも肉体的にも無理することなく、厳しい食事制限をすることもなく
健康的なカラダを取り戻す方法、ぜひ参考にしてみてください。

●参考:『WebMD

1:食事に20分かける

健康的なカラダを維持するためには、最低20分かけて、ゆっくりと食事をするようにします。
そのことで、食事の量は少なくても、満足感を得られ、満腹中枢を刺激します。

2:睡眠を十分にとる

普段の睡眠時間にプラス1時間寝ると、年間で約6.35kgの体重を落とせるそうです。
研究によると、より長く起きて活動をすると、つい物を食べてしまうことが多く、
睡眠時間を多くとることで、約6%カロリー摂取を削減できるとのこと。

3:野菜の種類と量を増やす

夕食の食卓には、野菜を最低3種類は並べましょう。
油分の多いドレッシングやソースはなるべく使わずに、
季節に合わせたレモンやハーブなどで味付けをすることも効果的です。

food120619_01.jpg4:スープをプラスする

スープでは、野菜を多く摂ることができます。
またスープを食事の最初に食べると、
食事のスピードを落とすことができ、
食欲を抑えることにつながります。

5:全粒穀物を取り入れる

低カロリーの玄米やオオムギ、オーツ麦、蕎麦の実などの全粒穀物や全粒粉を取り入れることで、
満腹感が得られ、コレステロールのバランスも改善できます。

6:サイズが合わなくなった洋服を目のつくところに置く

お気に入りだった洋服のサイズが合わない・・・
そんな時は、あえて目の前にその洋服を置きましょう。
また着られるようになるまで頑張るというモチベーションが高まります。

24のヒント、まだまだ続きます!どうぞお楽しみに。

(このページの画像はすべて『WebMD』 よりスクリーンショットしました)

食事が変わればカラダも変わる!(Vol.2)はコチラ>>

食事が変わればカラダも変わる!(Vol.3)はコチラ>>

食事が変わればカラダも変わる!(Vol.4)はコチラ>>

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加