kannsou.jpg冬の食材に栄養豊富な乾物を

干すことで栄養や味もギュッと濃縮する乾物。

野菜が取れない長い冬の間もしのぐことができた、昔ながらの智慧から生まれた食材でもあります。

主な野菜・果物・海藻の乾物

・かんぴょう
・切干大根
・干し椎茸
・干しいも
・ゴマ
・キクラゲ
・高野豆腐
・干し柿
・ヒジキ
・昆布
・わかめ

など。

乾物は保存食品として多く利用されています。

例えば、切干大根。

天日に干すことで、生の大根よりも栄養価がグッと大幅にアップします。

たんぱく質や糖質、カルシウム、食物繊維、ビタミンC、カリウム、リン、鉄、ミネラル

など、干しただけで、栄養がギュっと増加。

特に、女性には嬉しい鉄分が多くなります。

さらに、偏食が多く便秘がちな現代人には必要な食材。

味も、生の大根より甘みがあって、若干の歯ごたえも楽しめますよね。

そんな切干大根を、煮物にしたり、炊き込みご飯や、サラダにとバリエーションを変えて楽しく

食事と栄養をとられてみてはいかがでしょうか。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加