kakimain.jpgヨガ的おやつを探す 第十八回

祐天寺にある自然食品のお店「F&F」で小腹が空いたときのおかしを発見。

今回、チョイスしたのは、昔ながらの「干し柿」。

干し柿は、お正月には縁起物として鏡餅に添えたり、なますに加えたり、お菓子にしたりと色々な楽しみ方ができます。

昔から薬用にも利用されるほど栄養価が高く、風邪予防や美肌、便秘改善に優れた食品。

こちらの「ひなたやけ」は、伊勢市の蓮台寺で採れた柿を使用。

歴史がと~っても古く、何と350年も昔から栽培されていて、天然記念物にも指定されている柿の木なんです!

大事に大事に育てられてきた伝統のある稀少な柿なんです!

太陽の恵みを受けて、大地の栄養を存分に吸って、人の手で大事に守られてきた、そのお味は?

柔らかくて、まろやか、なんか「ひなたやけ」ってネーミングのように、温かいひなたの味もする。

なんか、ホッとしちゃいます。

kakisab.jpg何といっても、干すことでギューっと味が濃縮されて天然の甘味が味わえます。

一口サイズにカットされて干してあるので、食べやすいのも嬉しいポイント。

和菓子の世界では、「甘さは干し柿を以って最上とする」と甘さの基準になるほど。

砂糖のない時代の貴重なおやつだったんでしょうね。

食べると、なるほどと、頷けます。

天然のおやつに相応しい干し柿は、風邪予防、肌の乾燥から守るβ-カロテンがとっても豊富。

さらに、干したことで食物繊維が高まり便秘予防にもいいので、甘いケーキよりも甘~い干し柿で吹き出物や肌荒れの心配もなくなりますね♪

とは言ってもカロリーは高いので、食べすぎには注意してくださいね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加