かぼちゃ.jpg冬至にかぼちゃを食べよう

ホクホクと甘くておいしいカボチャ。

南瓜と書いて「カボチャ」と読みます。

昔から、冬至に食べると風邪をひかないと言い伝えがあります。

昔は、日本でこの時期に取れる野菜は少なく保存できる野菜も少なかったそうです。

かぼちゃは保存がきき、保存中の栄養素の損失が他の野菜に比べて少ないため、

エネルギーが下がる冬至の時期の貴重な栄養源でもありました。

なので、みなさんもビタミン豊富なカボチャを食べて、厳しい冬を乗り切りましょう。

カボチャには、ビタミンEやβ(ベータ)-カロチンが豊富に含まれています。

ビタミンEは「老化防止のビタミン」、「若返りのビタミン」と呼ばれ、しみやしわをできにくくしてくれます。
さらに、肩こり、腰痛などの症状を和らげたり、血行不良による冷えを解消する作用もあるそうです。

β-カロチンには、ビタミンEと協調し、細胞の老化、がん化を防ぐ働きがあるみたい。
また、風邪の予防、つまり免疫力を強化し細菌やウイルスから身体を守る働きがあるそうです。

今年の、冬至は12/22日。一年で一番、日照時間が少ない日でもあります。

是非、冬至の日にカボチャ料理を作ってほっこりと温まりましょ。

カボチャは、煮物、天ぷら、サラダにいれたり、料理バリエーションも豊富で、彩りも奇麗で食欲も湧いてきますよね。

私は簡単に出来る、カボチャを切って、レンジでチンして、塩少々に、少しバターを乗せて食べるのがシンプルで好きです。

他にも、カボチャのシチュー、カボチャのニョッキ、カボチャグラタン、など洋風な食べ方も美味しいですよね!

《カボチャニョッキの作り方》

材料(3人分)
・カボチャ 300g(1/4個くらい)
・薄力粉 100g

.かぼちゃの皮をむき、適当な大きさに切り柔らかくなるまでゆでる。
  水を切り、強火にかけ粉ふきにする。
.フードプロセッサーにかぼちゃと薄力粉を入れ、なめらかになるまで混ぜる。
.ラップの上に乗せ、麺棒で2cmの厚さに伸ばす。冷蔵庫で一時間休ませる。
.ニョッキを食べやすい大きさに切り、フォークの上に乗せ親指で押し形をつける。
.沸騰したお湯にニョキを入れ、浮き上がってきたらあげる。
.最後に、お好みで塩、粉チーズ、ブラックペッパーを振って出来上がり☆

是非、かぼちゃ料理を色々作って風邪予防してみてくださいね☆

  • このエントリーをはてなブックマークに追加