food110916_top.jpg

ほっこり幸せサツマイモ <後編>

ほっこり幸せサツマイモ <前編>は>>>こちら

サツマイモを愛するようになったのは、ヨガに出会い、アーユルヴェーダに出会ったからです。

アーユルヴェーダでは、心と体はつながっていて、
どちらのバランスが崩れても病気につながる、という考え方をし、
そのバランスを整えるために最も重要なことは、
ヨガで体を動かすことに加え、体に取り入れる「食事」も大切である、と説いています。

消化の悪いものを食べると、体の中に悪いものが蓄積され、病気を引き起こし、
心に受けたストレスを解消できず溜めてしまうと、心が消化不良を起こしてしまいます。

アーユルヴェーダで目指すのは、「サットヴァ」な状態の心と体。
サットヴァとは心の状態を表す言葉のひとつで、サットヴァに満たされると、
優しい愛情にあふれ、心と体が健康な状態になるというものです。

心と体に溜まった未消化物を、外に出す食べ物を積極的に採り、
バランスを整えていくのがサットヴァになる道です。

サツマイモは、サットヴァな食材のひとつです。
冬に美味しい焼き芋を食べるとホクホクと幸せな気分になるのは、
それもサットヴァのひとつかも??
意外と普段の生活でもアーユルヴェーダを感じる機会は多いんですよ。

今回は、サツマイモの簡単おやつをご紹介します。

<電子レンジでつくる マッシュ・スイートポテト>

サツマイモをしっかり洗って、1cm角くらいのサイコロ状に切る。
ほんの数分でかまわないので、水にさらしてアクをぬく。
ザルにあげて水を切る。水気は残っていて大丈夫です。
厚手のお鍋にギーかココナツオイルを大さじ2~3入れて、火を通す。
※ギーやココナツオイルがない場合はバターでもかまいません。
ヨガジェネ版ギーの作り方は>>>こちら

food110916_01.jpg

全体にオイルがまわったら自然塩とシナモンをお好みで振り入れる。

food110916_02.jpg

水を適量まわし入れ、蓋をして蒸し煮。良い香りがしてきて火が通ったら耐熱皿に取り出す。

food110916_03.jpg

マッシャーなどでつぶしましょう。少し形が残っていても歯ざわりが楽しいですよ。

food110916_04.jpg

※今回は紫いもですが、普通のサツマイモでも美味しくできると思います。
※材料の分量はお好みです♪

玄米、ブロッコリー、カリフラワー、ほうれんそう、かぼちゃ。。。
サットヴァな食材はもっともっともっとたくさんあります。
普段から食卓にのぼる野菜や穀物ばかりですが、
「サットヴァ」を意識して食べると、さらに純粋な気持ちに近づけるかもしれませんね!

(参考:「これ一冊できちんとわかるアーユルヴェーダ」西川眞知子 著/毎日コミュニケーションズ)

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加