マクロビオティックなアップルサモサ メイン画像

マクロビオティックなアップルサモサ

~インドのおやつの定番、サモサ。
フィリングをポテトからリンゴに代えてスィーツに仕上げたマクロンディデザート~

<材料>(6人分)
【アップルフィリング】
りんご 中3個 / アーモンド 30g / レーズン 30g /甜菜糖 大さじ2/
シナモン 大さじ1/ 塩 少々/ ピーナッツバター 大さじ1/
【生地】(8人分)全粒粉 500cc / 水 適量 / 菜種油 適量(揚げ用)

マクロビオティックなアップルサモサ 画像1

マクロビオティックなアップルサモサ 画像2

<作り方>
りんごは2cm角くらいに切ります。

マクロビオティックなアップルサモサ 画像3

フライパンに平らにしき弱火にかけ蓋をし、水を入れずにリンゴから出てくる水分だけで煮込んでいきます。

マクロビオティックなアップルサモサ 画像4

しんなりしてきたら一度蓋を開け、甜菜糖、レーズンを加え軽く混ぜ合わせリンゴと馴染ませ、また蓋をし弱火で10分ほどことこと煮込んでいきます。

マクロビオティックなアップルサモサ 画像5

マクロビオティックなアップルサモサ 画像6

アーモンドをローストして4~5等分くらいに刻みます。

マクロビオティックなアップルサモサ 画像7

煮込んだリンゴにアーモンドを混ぜ合わせます。

マクロビオティックなアップルサモサ 画像8

サモサの生地を作ります。
ボウルに全粒粉を入れ、少量ずつ水を加えこねていきます。

マクロビオティックなアップルサモサ 画像9

マクロビオティックなアップルサモサ 画像10

耳たぶくらいの固さになるようにこねながら少しずつ水の量を調整しながら加え、さらに力強くこねていきます。

マクロビオティックなアップルサモサ 画像11

こねあがりはは表面がなめらかになります。

マクロビオティックなアップルサモサ 画像12

直径5センチくらいの球状に丸め、

マクロビオティックなアップルサモサ 画像13

麺棒で丸くのばしていきます。

マクロビオティックなアップルサモサ 画像14

マクロビオティックなアップルサモサ 画像15

大さじ1ほどアップルフィリングを生地に載せ包んでいきます。

マクロビオティックなアップルサモサ 画像16

お好みの包み方でアレンジしていろいろな形のサモサを作ることができますが、
簡単なのは餃子の包み方です。

マクロビオティックなアップルサモサ 画像17

フライパンに多めに菜種油を入れ、180度の温度で揚げていきます。

マクロビオティックなアップルサモサ 画像18

両面がきつね色になるよう揚げていきましょう。

マクロビオティックなアップルサモサ 画像19

色づいたら油からあげて出来上がりです。

マクロビオティックなアップルサモサ 画像20

温かいうちにお召し上がりください♪

マクロビオティックなアップルサモサ 画像21

ちょっとしたおもてなしにも喜んでいただけるデザート。
インド・リシケシにもこのアップルサモサの専門店が一件ありました。
このサモサ屋さんは他にもチョコバナナやパイナップルなどいろいろ変わり種サモサを置いてました・・・(ちなみに普通のじゃがいものサモサもありましたが、結構辛かったです!)

このレシピにて5月からスタートさせていただいたマクロビンディ紀行は終了となります。
長い間見てくださった皆様、本当にありがとうございました。

フードページへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加