top1203d.jpg発芽玄米を作ってみました♪

最近、圧力鍋で炊いたミルキークイーンの有機玄米にはまっています。

急にほぼ毎日3食を玄米食にして2日後位から激しい腹痛に悩まされたことを『美味しいけど、痛い玄米食。』
で書いたのですが、その後、反芻するかのごとくよく噛んで食べた努力は報われず、結局お休みしていました。

でも、玄米のすばらしさを知っているだけに、どうしても続けたい!!

ということで、玄米よりも消化が良く、栄養価も高まる「発芽玄米」を作ってみることにしました~

結果から言うと、手作りの発芽玄米で腹痛になりませんでしたーー(大喜び!)

発芽玄米とは:
『ミネラルの消化吸収が、従来の玄米ではフィチン酸によって抑制されがちであったが、
発芽玄米では、フィチン酸が抑えられ、効率よく行われると言われている。
血圧上昇を抑制する働きを持つガンマアミノ酪酸(通称:ギャバ)が
玄米より多く、白米の約10倍程度含有される。近年、コメアレルギーの原因となるアレルゲンが
白米や玄米に比べ低減化されることも発見された。』
ウィキペディア『発芽玄米』から引用しました)

「GABA」というと、「ストレス社会で闘うあなたに。GABA」なんていうキャッチコピーもありましたね。
アミノ酸の一種で、主に抑制性の神経伝達物質として脳の興奮を抑え、イライラなどを和らげる働もあるそうです。

すごいっ 良いこと尽くしです。

では、「発芽玄米」の作り方です。

1.玄米2カップ(お好みで)をバットに広げて、30~35度位のお湯を玄米が隠れる位入れます。
1203d-1.jpg

2.所々穴を開けたラップをその上にかぶせます。(発芽に酸素が必要ですよ)

3.そして、日の当るポカポカの場所に1~2日間放置します。

4.日に1~3回お湯を替えて、終わり。

分かりにくいですが、発芽しているような気がします。

1203d-2.jpg

簡単なんですが、お湯を替えることも面倒くさーー と思って調べてみると、
発芽玄米を作る電化製品もあるんですね。

でも、置く場所や費用などを考えると、当分は手作りか、できてる発芽玄米を購入することになりそうです。

【おまけ】
キッチンガーデンしている豆苗さんもパチリッ

1203d-3.jpg

カットした後、日の当る所に置いていたからか3日もするとボーボー生えてきました。
なんかカワイイ~

フードページへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加