macro13-01.jpg


ヨギー・ヨギーニのための、ゆるマクロビオティック講座
その13 マクロビオティックの情報収集

いよいよこのコラムも、今回が最終回です。
今回は、みなさんがマクロビオティックを実践していく上で、役に立ちそうな本やサイトなどをご紹介いたします。

■雑誌

まずは、マクロビオティックのおしゃれ雑誌を買って、パラパラめくるのが入りやすいかもしれません。

ビオ
マガジンハウス社、クロワッサンの別冊ムックだけあって、しゃれております。
ヨガでいうところの、「ヨギーニ」みたいな雑誌だと思ってます。

現在vol.10まで出ていますが、vol.7からはマクロビオティックだけでなく、オーガニック全体を広く扱う内容に変わっているみたいです。

■本

macro13-02.jpgもうちょっと興味が出てきたら、マクロビオティックの本を買ってみましょう。

私のまわりで評判が良いのが、奥津典子さんの本です。

とても入りやすく、センスも良いそうです。

 


■マクロビオティックのレシピサイト

macro13-03.jpgマクロビオティックのレシピを、
WEBで探したい人も多いと思います。

いちばんたくさんのレシピを見られるのは、
クックパッドだと思います。

クックパッドのサイト内の検索窓に、「マクロビ」と入れると、
現状で1000程のレシピが出てきます。

 

また、オイシックスが運営している、Oixi(オイシィ)というレシピサイトには、
マクロビオティックのカテゴリがあり、現在300以上のレシピがあります。
プロの方のレシピ投稿も多いので、おすすめです。

その他では、「クシマクロビオティックアカデミィ」のレシピが見られるページが、
マクロビオティック マルシェ オンラインショップの中にあります。

また、レシピを紹介している個人ブログもいくつかあるので、
グーグルで「マクロビ レシピ」などで検索してみてくださいな。

 

■マクロビオティックの教室

マクロビオティックを習ってみたい方は、ご近所の教室を探してみましょう。

現在、日本でマクロビオティックを推進する団体は、
「CI協会」
「KIJ(クシ インスティチュートオブ ジャパン)」
「正食協会」
の3つが中心になっています。

それぞれが、料理教室も行っています。

CI協会
マクロビオティックの創始者「桜沢如一先生」によって創設された団体で、「リマクッキングスクール」を開催しています。

KIJ(クシ インスティチュートオブ ジャパン)
桜沢先生の弟子であり、アメリカにマクロビオティックを広めた第一人者、「久司道夫先生」によって創設された団体です。私も、ここで勉強しました。

正食協会
桜沢先生の弟子の一人、「岡田周三先生」によって創設された団体です。

それぞれ、少しずつ特徴が違います。
また、それぞれの流れを組むスクールもいろいろあります。
自分に合うものを探してみてください。

■マクロビオティックの通販

マクロビオティックの食材を買いたい方は、通販を利用することもできます。
お店も、検索すると、いろいろあると思いますが、ここでは、上記3つの団体が運営しているショッピングサイトを紹介しておきます。

リマ ネットショップ(CI協会)

マクロビオティック マルシェ(KIJ)

正食協会 マクロビオティックショップ

自分にできるところから、はじめてみてくださいな。

macro13-04.jpg
マクロビオティックは、「こうしなければいけない」ということは何もありません。
それぞれ、楽しんで変えたらいいと思います。

「世界中の人が、心と体の健康を手に入れ、平和でひとつの世界をつくること。」
それが、マクロビオティックの目指すものです。

自分らしい、楽しい食のバランスを、探していってくださいね。

13回にもわたって、書かせていただきましたこのコラムも、
いよいよおしまいです。
ご拝読、どうもありがとうございましたーーー。

またどこかでお会いしましょう~~~!

macro13-05.jpg

<< 前の記事  | 

ぬん

プロフィール
2002年、インドのバラナシを旅行中にヨガに出会い、ヨガがライフワークとなる。
2010年、久司道夫先生のマクロビオティック(KIJ)のリーダーシッププログラム(レベル1)を修了。
心と体の健康をテーマに、日々活動中。

ぬんのブログ 神戸でヨガ&瞑想
神戸のヨガ教室 ぬんヨガ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加