macro10-01.jpg

ヨギー・ヨギーニのための、ゆるマクロビオティック講座
その10 白い砂糖を減らすと体にやさしい~

今日は、甘いもの、スウィーツについてお伝えしたいと思います。

マクロビオティックのスウィーツは、とってもやさしい味です。
どれだけでも食べられそうな感じ。それでいて、健康的。
滋味あふれる味だなあと思います。

マクロビオティックでは、白いお砂糖を使いません。
人工甘味料も使いません。

なぜかというと、これらが、体にやさしくないと考えるからです。
陰陽で言うと、極度の陰性と考えています。

白いお砂糖は、サトウキビから作られますが、
化学的に、余分なものを除去し、ショ糖のみを抽出したものです。

白いお砂糖は、単糖類で、他のものが混ざっていないため、
すぐに血液中に吸収され、血液を酸性過多にして、体内の血糖値を急激に上げます

そうすると、血糖値を下げる必要があるため、膵臓からインシュリンというホルモンが分泌されます。
大量のインシュリンが分泌されると、一気に血糖値が下がるので、今度は、血糖値が突然下がりすぎになってしまいます
今度は、血糖値を上げるため、膵臓からグルカゴンというホルモンが分泌されます。

macro10-02.jpg

膵臓ががんばるわけですね。しかし、膵臓も、働きすぎると、疲れてしまいます。

膵臓が疲れてしまうと、
血糖値を上げられない低血糖症になったり、
血糖値を下げられない糖尿病になったりするわけです。

macro10-04.jpg現代人の50%以上が低血糖症だという人もいます。

イライラする、ぼーっとする、疲れやすい、冷えやすい、など、症状はいろいろです。
そして、急に糖分がほしくなります。

そうならないためには、どうすれば良いか?

それは、吸収がゆっくりの、やさしい甘みを使えば良いのです。

やさしい甘みを取った場合は、上のグラフの赤い線のように、ゆるやかに推移するのです。
膵臓も安心です。
もちろん、ダイエットの効果もあります。

 

では、マクロビオティックで使う、やさしい甘味をご紹介します。
やさしい順に紹介しますね。

1. 野菜や穀物の、自然な甘味

野菜の中でも、にんじん、かぼちゃ、玉ねぎ、キャベツなど、特に甘い野菜があります。調理する時に、塩をふると、野菜の甘みをより引き出すことができます。
こういう野菜を上手に使うと、お料理の中でお砂糖を減らすことができます。

macro10-05.jpg2. 野菜や穀物を濃縮させた甘味料

もう少し、強い甘味がほしい場合は、お米から濃縮されている、米飴や、玄米甘酒を使います。甘さはマイルドで、少々お高いですが、やさしさはピカイチ。
また、ニンジンジュースも、野菜の自然な甘味です。

 

macro10-06.jpg3. 果物

果物には、果糖という単糖類が含まれており、糖分の吸収はやや早めなので、あまりたくさん取りすぎると良くないのですが、自然の甘味です。
温帯の季節の果物がおすすめです。
特に、マクロビオティックでは、リンゴジュースを、おやつ代わりに飲んだり、料理の甘味料としてよく使います。

4. てんさい糖(未精製)

てんさい糖は、砂糖大根から作られたもので、少し茶色いお砂糖といった感じです。
白砂糖と比べると、少しマイルドな甘さですが、お砂糖と同じような感覚で使えます。
まずは、白砂糖をてんさい糖に変えてみるのが、簡単でおすすめです。
ただし、てんさい糖も、単糖類を含んでいるので、取りすぎないようにします。

5. メープルシロップ、メープルシュガー

マクロビオティックで、あま~いものを作りたいときに使うのが、これです。
カエデの木の樹液を煮詰めて作られる、良質の自然甘味料です。
これも、単糖類がいっぱいなので、取りすぎないようにします。

6. 黒砂糖、三温糖、羅漢果、フルーツシロップ、天然ハチミツなど

これらは、白砂糖のように精製しておらず、他の成分が含まれるという点では、白砂糖よりバランスがよくヘルシーなのですが、単糖類がとてもいっぱいなので、あまりおすすめではありません。

白い砂糖が、世に浸透したのは、20世紀になってからだそうです。
最初はぜいたく品だったのが、今では当たり前に毎日食べるものになっています。

甘味をやめる必要はありません。
現代は、甘いものを食べて、ほっとする時間が必要です。
そして、急に白砂糖をゼロにするのもむずかしいと思います。

まずは、今回ご紹介したような、スローな甘味を取り入れていってはどうでしょうか?
そうすれば、自然に、お砂糖の割合も減っていくと思います。

そうして、体の反応を試してみてくださいね。

次回は、やさしいお茶、やさしい飲み物についてお伝えしたいと思います。
お楽しみに~。

 

<< 前の記事  | 次の記事 >>

ぬん

プロフィール
2002年、インドのバラナシを旅行中にヨガに出会い、ヨガがライフワークとなる。
2010年、久司道夫先生のマクロビオティック(KIJ)のリーダーシッププログラム(レベル1)を修了。
心と体の健康をテーマに、日々活動中。

ぬんのブログ 神戸でヨガ&瞑想
神戸のヨガ教室 ぬんヨガ

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加