日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ メイン画像

レシピ: Masami

【日本を懐かしく思う、
トマトとナスのサブジ】

~陰性の強いナスとトマトを体と心から楽しめるのは暑い夏の季節。
日本の食材をうまく使って作るマクロビオティック風本格サブジ
夏の火照った体を冷ましてくれる一品です。~
*サブジは野菜を炒めたカレーのこと。

材料(12人分)
玉ねぎ小 2個 / 生姜 20g / トマト小 3個 / ナス 3本 / 
クミンシード 大さじ1 / ターメリック 小さじ2 / チリパウダー 小さじ1/2 / 塩 小さじ1 / 菜種油 大さじ1 / 麦みそ 大さじ1 / ガラムマサラ 小さじ2

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像1

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像2

【作り方】
玉ねぎはまわし切りにします。
*まわし切り・・・玉ねぎの繊維に沿って切る切り方。繊維に沿って切ることで陰と陽の調和が取れ、より玉ねぎの甘みを引き出すことができます。

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像3

生姜は薄く千切りにします。

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像4

トマトは1/8に切りそれをさらにざく切りにします。

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像5

ナスは食べやすい大きさくらいに斜めに切ります。

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像6

すべての材料が切り終わりました。

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像7

鍋に菜種油を入れ、クミンシードを中火にかけます。

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像8

油の温度があがり、クミンシードがパチパチはじけてきたら生姜を加え香りが出るまで炒めます。

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像9

玉ねぎを加え焦げないように弱めの中火できつね色に色づくまで炒めていきます。

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像10

そこにナスを加え炒め合わせていきます。

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像11

ナスに全体的に油がまわりしんなりし始めてきたら、トマトを加え炒め合わせます。

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像12

塩、ターメリック、チリパウダーを加え炒め合わせます。

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像13

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像14

麦みそをその真ん中に乗せ蓋をして、弱火で7~8分位煮込みます。

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像15

火を止める直前にガラムマサラを加えてよく混ぜわせます。
味見をして必要ならば最後に塩で味を調整して出来上がりです。

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像16

玄米またはチャパティ(前回のオクラのサブジのレシピを参照)と一緒に召し上がってください。
どちらとも相性ばっちりです。

日本を懐かしく思う、トマトとナスのサブジ 画像17




フードページへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加