manekkoindi001-01.jpg

新米シェフのまねっこビンディ~マクロビオティック風キチリ~

先日から、連載が始まった、
Masami*Willowのマクロビオティック+インド食事情 マクロビンディー

それを真似して、今日から始まる”まねっこビンディ”。
まねっこビンディでは、インドから送られてきたマクロビンディーのレシピを
日本で購入できるものを使って実際に作っていきます。

そして、私が突然担当に任命されたヨガジェネレーションスタッフのkayaです。

なぜ私が担当かと言うと‥どうやら、
「あの、料理ができないkayaでも作れるほどの簡単?! レシピ」
というところをお伝えするのが目的のようです。

詳しくはこちらのブログから
>>人気コンテンツ、「ヨギレシピ」が形を変えて復活!!

第1回目の今日は
【マクロビオティック風キチリ】
~キチリは消化に易しいインドの伝統的なお粥~

レシピの詳細はこちらから
>>レシピ:マクロビオティック風キチリ

まずは材料を探しに出かけます。
スーパーのスパイスコーナーでターメリックとクミンシードをGET!!
クミンはパウダーものの方が多く出回っていますが、少し大きめのお店に行くと、見つけることができました。

manekkoindi001-02.jpg

最後に“スピリットピー”
初めて聞く名前ですが、どうやらこれは、”スプリットピー”とも呼ばれていて、えんどう豆を干して割った豆だそう。
探してみるも見つからないので、お店の人に聞いてみたところ、
「うちでは扱ってませんねー。でもレンズ豆で代用したりできますよ!!」
と教えて頂いたので、今回はレンズ豆で作ってみることにしました。

manekkoindi001-03.jpg

買い揃えたものを並べて記念撮影。

manekkoindi001-04.jpg

これからこの子たちがどんな風になっていくのか楽しみです。

①キチリを作ります。
まずは、玄米を水につけて。。。。待つこと一晩。

manekkoindi001-05.jpg

そのまま鍋に入れて、レンズ豆とターメリック、塩を入れて…

manekkoindi001-06.jpg

また、待つこと20分。

manekkoindi001-07.jpg

最後に10秒ほど過熱し、水分を飛ばして…蒸すために、待つこと15分。

manekkoindi001-08.jpg

ドキドキしながら開けると…こんな感じ。

manekkoindi001-09.jpg

レンズ豆しかない?!?! と思ったけど、天地返ししてみるとイイ感じ。

manekkoindi001-10.jpg

②オリーブオイルとクミンシードを温めます。

manekkoindi001-11.jpg

意外と早い段階でパチパチ音がしてきて、クミンも茶色っぽくなってきました。

③MIX
最後は①で作ったキチリに、②のクミンとオリーブオイルを混ぜて出来上がり!!

manekkoindi001-12.jpg

~感想~
思っていたより、お粥っぽくなく、お米がしっかり炊けてしまいました。
たぶん…圧力鍋によって炊く時間が少し違うのかと思います。
(ちなみに私の鍋だと過熱15分で玄米が炊けるようになってました。)

でも味は、ドライカレーのような感覚で、カレー風味の中に豆の甘さがあり、
クミンのスパイスも効いていて、おいしく頂けました。
思っていたより簡単に作れたので、試してみる価値ありです!!

次回は、炊く時間を少し短めにして、お粥っぽさを出してみたいと思います。

次はどんなレシピが送られてくるのか、楽しみです。

レシピの詳細はこちらから
>>レシピ:マクロビオティック風キチリ

-kaya-

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加