oyatsu_6.jpgヨガ的おやつを探す 第六回

穀物・野菜・果物・豆類・お魚・お肉・乳製品・卵製品・・・・

食べるものをカテゴリー分けすると、大体こんな感じにグループ分けできると思いますが、

ボリューム的には穀物が大半を占める方が多いのではないでしょうか。

 

日本人は米を古来主食としてきましたが、ミネラルやビタミンを多く含む雑穀も最近ブームです。

雑穀ソムリエなんて資格もあったりしますし、ご飯にひえやあわなどの雑穀を混ぜて炊く雑穀MIXも

健康志向のあおりを受けて、売れているそうです。

 

ヨギ的おやつを探しにスーパーへ出かけると、そんな雑穀を使ったクラッカーを発見しました。

その名も五穀まるごとクラッカー

gokoku_cracker.jpg

国内産の雑穀を100%使用し、無添加・無着色のナチュラル志向。

雑穀の味をそのまま味わってほしいということで、味付けもあえて加えてないそうです。

・もちきびクラッカー(北海道産もちきび100%)

・もちあわクラッカー(岩手県産もちあわ100%)

・うるちひえクラッカー(岩手県産うるちひえ100%)

・玄米(福岡県産玄米100%)

・大麦(国内産大麦100%)

の五種類のクラッカーが一枚ずつ入った個別包装は、持ち運びやすいように工夫されています。

正直、お味の方はかなりあっさりしており、穀物のもつほのかな甘味が味わえるだけですが、

逆にいうとクセが全くないので、チーズや豆のペースと、アボカドのディップなど載せるものを

受け入れる懐の豊かさがあるともいえます。
kavli_cracker.jpg

 

もう一つはノルウェー産のクリスプブレッドKavli(カブリ)のクラッカーです。

人工添加物や保存料を使わず、全粒粉、小麦のふすま(ブラン)、カラス麦、ライ麦、きび等使用。

ざっくりとした穀物の粒が口の中に広がります。確かにこれはホールフード。ちょっとモサモサします。

これも温かい飲み物を片手に食べるか、アーユル女子的にはギ―を塗って乾燥の性質を補いたいですね・・・

ということで、第六回ヨギ的おやつを探す旅は雑穀や精製されていない穀物を使ったクラッカーでした!

買った場所: Precce 中目黒店

 

 

 

フードページへ戻る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加