自宅にどんな調味料を置いていますか? 和食はもちろん、イタリアン、中華、韓国風、メキシカンなど、それぞれの調味料を集めていると調味料だらけになってしまいますが、砂糖を代表とする甘味料だけでも、種類が豊富にあるのはご存知ですか?

先日、自然食品店に行ったところ、白砂糖に代わる「糖」と名のつく商品がいっぱい並んでいました。黒砂糖、洗双糖、三温糖、など。これらは一体何が違うのでしょうか?

砂糖を分類するならサトウキビから作られているか、野菜から作られているか

違いがいまいちよく分からず、お店の方に聞いてみることに。すると、こんなわかりやすい答えをいただきました。

砂糖はおおまかに、サトウキビから作られているか、野菜から作られているかで甘みに違いが生まれます。野菜からできた糖の甘みは、サトウキビからの砂糖の甘みに比べ、あっさりしています。コクがある深い甘みがお好きな方は、サトウキビの砂糖を選ばれることが多いですね。

一方、甜菜糖のような野菜を原料とした砂糖は、コクに物足りなさを感じる場合もあります。それでも人気がある理由は、血糖値が上がりにくいため、血糖値を気にされている方をはじめとして、体質改善やダイエットをされる方にも安心してお使いいただけるからです。

サトウキビから作られるもの

  • 上白糖(じょうはくとう):主に日本において使用されている。精製工程に他の砂糖と違いがあり、最終工程でショ糖を果糖とブドウ糖に加水分解した転化糖が吹き付けられる。
  • 三温糖(さんおんとう):三温糖は上白糖に比べ精製度が低く、薄い茶褐色。甘さが強く、黒砂糖のような独特の風味がある。
  • 洗双糖(せんそうとう):お米で例えると玄米のように精製度が低く、ミネラルが豊富で黒砂糖に比べるとまろやかでクセがない。
  • 黒砂糖(くろざとう):サトウキビのしぼり汁を精製しないでそのまま煮詰めたもの。糖度は低いが甘味は強く感じられる。

野菜などサトウキビ以外から作られるもの

甜菜糖(てんさいとう):甜菜とは、大根のような形をした野菜。英語ではSugar Beetsと呼ばれ、ロシア料理の「ボルシチ」でおなじみの赤いビーツが代表的。寒冷地方で生産される。ミネラル分を多く含んでいるため、健康志向の方、スポーツやヨガ、美容に興味がある人々にも人気が高まっている。

気になる甜菜糖のお味は、優しい甘み

早速、自宅へ戻り、料理に甜菜糖を使ってみたところ、これまでの白砂糖を使っての料理と違って、ほのかに優しい甘みを感じました。人によっては、「全然甘くない!」という意見もありました。好みや使用する意図にもよりますが、「白砂糖をやめたら美肌になった!」と言っていた方もいるので、目的に合わせて使い分けてみるのも良いかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加