100308-02.jpgマクロビ的?甘味料を調べてみました

3月10日は砂糖の日。

先日、カフェに行ったら白砂糖の代わりに甜菜糖が出てきました。
どきどきしながら口にしてみると…白砂糖と変わらず甘くておいしかったです。

そう言えば、マクロビでは、「白いものは食べない」と言われています。
白米より、玄米を。
白砂糖より甜菜糖を。

では、白砂糖の変わりにどんな甘味料があるのか、調べてみました。

 

・甜菜糖(てんさいとう) 
ビートから作られた甘味料。
腸内環境を整えるオリゴ糖なども含む。

0308-02tensaitou.jpg
(※画像参照元:Amazon

・メープルシロップ
カエデの樹液を濃縮した甘味料。
ホットケーキやワッフルにかけたり、お菓子の原料として用いられる。

0308-02maple.jpg
(※画像参照元:Amazon

・米水飴
米と麦芽で作られた甘味料。
昔から咳止めや、のどの薬としても愛用。
0308-02mizuame.jpg
(※画像参照元:Amazon

・アガベシロップ
有機栽培のアガベ(メキシコ原産の竜舌蘭)から採取されたナチュラル甘味料。
冷たいものにも良く溶け、結晶化することもない。

0308-02agabe.jpg
(※画像参照元:Amazon

・甘酒
もち米に麹を混ぜて発酵させるクリーム状の液体。
「酒」とついてるがアルコール分は含まれて無い。
0308-02amazake.jpg
(※画像参照元:Amazon

また、マクロビでは、卵、牛乳、バターなどの動物性食品も使用しないため、
お菓子など甘いものを作るときには、素材そのものに甘みがあるものを利用するようです。
かぼちゃやさつまいも、豆乳や大豆はそのもの自体が甘いので、よく活用される食材です。

以前、知り合いが
「白砂糖をやめたら美肌になった!!」と言っていました。
うちの砂糖も、あと少しなので…今度は砂糖をやめて甜菜糖にしようと思います。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加